サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

浦和レッズvs山東泰山〜浦和レッズ 連勝でグループ首位〜

ACLグループF・第2節
浦和レッズ-山東泰山
  2 前半 0
  3 後半 0
----------
  5 合計 0


【スタメン】

 スタメンはこんな感じでした。

FW      明本
MF  大久保  小泉  関根
MF   安居   柴戸
DF 馬渡 知念 ショルツ 宮本
GK      彩艶

 並びはこんな感じだったでしょうか。相手が若手中心ということもあり、かなりメンバーを入れ替えてきました。この試合では関根がキャプテンマークを巻いてましたが、あの無観客試合でのデビューから時が流れてるんですね。感無量です。


【知念を見れたのがよかった】

 前節に続き相手のレベルがアレだったので、内容について深く突っ込むのはナシにしようかなと。と言っても、何も話さないわけにはいかないので、このエントリーでは知念について触れたいと思います。
 知念について一言で言うなら「現代的なCB」だなと。楔のパスを入れるのが上手いですね。相手があんな感じだったので、J1のトップレベルにも同じようにプレーできるか?というクエスチョンはつきますが、ルヴァン杯に関しては知念を見てみたいですね。
 個人的には、岩波と組むのがいいのかな?と思いました。ショルツと組むと、縦に入れるタイプが2人並ぶことになります。起点が2ヶ所になるという利点もありますが、正確なロングボールを蹴る岩波と組ませて、異なるタイプで補完関係を築く方がいいかな?と、後半を見ていて感じました。
 左利きという特徴もあるし、犬飼が離脱してしまった以上、知念には期待したいところです。



【2ゴールのシャルクにも期待】

 この試合で、もう1つのポジティブな成果はシャルクですね。フリーキックが凄かったのは言うまでもありませんが、1点目のゴールはFWらしいゴールと思いました。
 ゴールシーンもよかったですが、試合を通してのポジション取りというか、プレートエリアの使い分けが見事でした。インサイドとアウトサイドの両方でプレーできる選手ですね。
 レッズの左SBは大畑、明本、馬渡辺りが務めますが、彼らの良さも引き出せるのではないでしょうか?シャルクがカットインしたら外側を追い越す。シャルクが外に張ったら、内側を追い越しす。どちらにしても、コンビネーションで崩す形が多くなると思いますが、バリエーションが増えそうな感じがします。
 モーベルグもそうですが、周りの選手と絡むことができるタイプだと思うし、そういう意味ではリカ将が好みそうな選手ですね。


【厳しい日程をプラスにしよう!】

 ACLが始まる前は「この日程、どうにかならないのか?」と思ってましたが、始まってみると私の不安は吹き飛んでました。
 結果が出ているというのが、いちばんの理由なのは言うまでもなくありません。そして、それ以上に「多くの選手が試合に絡めている」ということが大きいと思います。チームに結果が出ても、試合に絡めていない選手は「蚊帳の外」的な気持ちになりがちですが、こういう起用のされ方で結果が出ると、多くの選手が「チームに貢献できてる」と感じることができると思います。
 今年のACLは相手のレベルが…という部分は否めませんが、今シーズンのレッズは内容に結果が伴わない。という試合が多いので、ACLで結果を出すことで自信を取り戻し、Jリーグにも繋げて欲しいと思います。
 まだまだ連戦は続きますが、我々サポーターも連戦を乗り切りましょう!
 

●今後の試合情報♪

【ACL・グループステージ第3節】
浦和レッズ vs 大邱FC
日時:4/21(木) 21:00(日本時間23:00)
会場:ブリーラムスタジアム

【ACL・グループステージ第4節】
浦和レッズ vs 大邱FC
日時:4/24(日) 18:00(日本時間20:00)
会場:ブリーラムスタジアム


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村