サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

消化試合となったベトナム戦~森保監督はどんなメンバーを組むのか?~

 W杯出場を決めた日本代表ですが、29日(火)には最終戦となるベトナム戦をホームで闘います。W杯出場が決まったことで消化試合になったわけですが、ある意味重要な試合になりましたね。毎度おなざみのメンバーをいじりやすい試合になったからです。

 ロシア大会を振り返ると、日本代表はベルギー代表に勝つチャンスがありました。後半途中まで2対0。「危険なスコア」とは言われますが、確率的には逃げ切る可能性が高いです。じゃあ、なぜ逃げ切れなかったのか?
 ベルギーはプランBを用意していた。と言われましたが、別の言い方をすれば、12人目、13人目、14人目の選手の力の差。という言い方もできたと思います。そしてW杯出場を決めた日本代表は、その12人目、13人目、14人目の選手を強化する、絶好の機会を迎えました。
 私としては、W杯本大会に向けてベトナム戦を有効な試合にして欲しいですね。間違っても「凱旋試合」的な雰囲気にはならないで欲しいです。


【希望するスタメン】

FW      久保
FW  南野      伊東
MF   原口   田中
MF      守田
DF 長友 吉田 板倉 山根
GK      権田

 こんなスタメンを考えてみました。4−3−3の場合、アンカーとCFが肝になると思うので、CFとアンカーの所で何か試したいですね。CFは、大迫のコンディションが戻る保証はありませんし、アンカーはイエローカードをもらいやすいポジション。遠藤が出場停止!というシチュエーションもあり得ます。そこで誰を起用するのがベストか?を考えると‥

●久保の0トップ
 私の中では浅野ではないんですよね〜前田でもないです。なぜならば、二人とも飛び出すタイプだからです。前線の顔ぶれを見ると、ボールを収めたり時間を作ったり…というタイプが欲しいかなと。
 そこで考えたのが久保の0トップです。もちろん、大迫のように相手CBを背負って縦パスを受ける。というのは難しいですが、CBとボランチの間でなら、充分プレーできると思います。
 最初は最前線にポジションを取って、そこから相手CBから逃げるようにトップ下のスペースに降りて、ボランチからのパスを受ける。かつて、バルセロナが採用していたメッシの0トップのイメージそのままです。
 久保がトップ下に降りることで、南野はより一層、ゴール前に入りやすくなりますし、この役回りであれば、左は古橋でも良いでしょう。

 つまり、CFの久保は偽9番で左WGはシャドーストライカー。となるわけです。もちろん、これは私の妄想であり、机上の空論でほありますが、ベトナム戦が消化試合になったわけですから、このくらい大胆なことをやっても許される試合だと、個人的には思ってます。

●守田をアンカーで起用
 アンカーに関しては、遠藤の代わりはベンチにはいないでかな?むしろスタメンで出てる選手の配置を変える方が現実的だと思います。
 リバプールのファビーニョが欠場する時、普段はIHをやってるヘンダーソンがアンカーに下がるのと同じ原理ですね。クロップ監督の中では、ファビーニョの控えはヘンダーソン。というイメージなんでしょう。

 そこで守田のアンカー起用を考えてみました。ドイツでデュエル王の遠藤と比べてどうなのか?という意見もありそうですが、フロンターレ時代にもやってますし、カバーリングやCBの前のスペースを埋めるなど、アンカーとしての守備はこなせると期待します。
 そして、私が守田をアンカーに推す理由はもう1つあります。それはビルドアップ面でプラスをもたらすのではないか?ということです。
 特にベトナム戦はボールを持てる展開になることが予想されます。守田が中盤に残ってベトナムのFWをピン留めしたり、CBの間に降りて数的優位を作ったり…遠藤とは違ったものを見せてくれることにより、日本代表に新たな選択肢が加わると思います。

●インサイドハーフに原口
 守田をアンカーに移した関係で、IHに誰か代わりを入れなくてはいけませんが、ここは原口でいいのかなと。久保を起用すれば、ラストパスとか攻撃で違いを生み出す部分はこなせるし、それならばハードワークできるタイプを起用するはうが、チーム全体のバランスは取れるかなと。
 原口は、ドイツではIHでプレーしてますし、コンスタントに試合にも出てます。そして、ドリブルとか前への推進力とか、他の中盤の選手には持ってないものを持ってますからね。W杯本大会で対戦する相手のレベルを考えると、守備の強度やハードワークできるタイプを優先して起用する方が好ましいかな?と、個人的には思います。


【W杯に向けて】

 とにかく、W杯まで時間は限られてますし、凱旋試合とか浮かれてる場合じゃありません。W杯本大会は、アジアとはレベルが違います。既にW杯に向けた闘いは始まってます。
 ベトナム戦から、本大会に向けた準備に舵を切ってほしいところ。スポンサーの意向とか、目に見えない力が働かなければいいのですが…


サッカー・日本代表のブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村