サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

浦和レッズ!リーグ戦初勝利♪〜初勝利まで長かった〜

Jリーグ・第3節
浦和レッズ-湘南ベルマーレ
    1 前半 0
    1 後半 0
-------------
    2 合計 0


●DAZNダイジェスト映像


●スタメン

 スタメンはこんな感じでした。

FW       明本
MF   関根  江坂  松崎  
MF   平野     岩尾
DF 大畑 ショルツ 岩波 酒井
GK       西川

 個人的には、ボランチの人選に軽いサプライズを感じました。いわゆる「潰す」タイプの選手ではなく「繋ぐ」選手を並べた形。残念ながら平野は、アクシデントにより前半の途中で交代になってしまいましたが、リカ将の中では「アリ」な組み合わせなんですね〜


●理想的な形だった先制点

 この試合も内容的によかったと思います。チームとして良い状態を保ってた中で、選手個人にスポットを当てると江坂が素晴らしかったかなと。先制点の場面ではスルーパスを出した後、動きを止めずにゴール前に入り、自らフィニッシュ!
 先制点の場面以外でも、常にチャンスメイクやフィニッシュに絡んでました。改めて素晴らしい選手だと思ったし、柏は勿体ないことをしたと思います。

 クロスもよかったですね!大畑が深い位置までえぐったため、マイナスのクロスになりました。あれならオフサイドは関係ありません。又、マイナスのクロスだったので、湘南のDFもボールと自分のマーカーを同一視野に捉えることが難しかったでしょう。
 更に言えば、ペナルティエリア付近まで侵入できたのもよかったですね。あそこまで侵入できれば、パスの距離も短くなるので、湘南のDFも反応しづらかったと思います。

 最後に見逃せないのは、起点はCBのショルツだったということ。ショルツから鋭い縦パスが入って、江坂のスルーパスに繋がったわけですが、素晴らしいCBですね。
 ビルドアップを大事にするリカ将のサッカーにおいて、CBから攻撃が始まるというのは、理想形ではないでしょうか。


●素晴らしいCB!ショルツ

 リカ将のサッカーを見てると、CBに求められるスキルは多岐に渡ってるように思います。守備能力はもちろんのこと、ラインコントロールも繊細でしょうし、攻撃面の要求も高そうです。
 CBに求められる攻撃力は、当然、FWとは違いますよね。具体的に挙げると1つはセットプレーでの決定力。CKの時など、高さを活かしてヘディングで決める力ですね。かつて浦和レッズには、闘莉王がいました。

 他に求められることは、ドリブルでの持ち運びと縦パスを入れるスキル。CBがドリブルで持ち運べば、前線との距離を詰めることができ、縦パスを入れた時のパスの長さが短くなります。この試合でも、ショルツの持ち運びは効果的でしたし、湘南のプレスをかわして…という場面がありました。
 縦パスに関しては、先制点の場面を見れば一目瞭然ですね!「ブラボー!」という言葉を送りたいですし、強化部も「よくぞ見つけた!」という感じで、強化部にも拍手です♪
 

●今後に向けて

 この試合も内容はよかったと思いますし、やっと「内容に伴う結果が出た」という感じですね。ただ個人的には、もう少し早く2点目を取れたと思います。
 少しずつ選手も戻って来てますし、次の試合まで1週間空きます。まずは休息をとって、リフレッシュして欲しいですね♪
 

●今後の試合情報♪

【J1リーグ第4節】
サガン鳥栖 vs 浦和レッズ
日時:3/13(日) 15:00
会場:駅前不動産スタジアム

【J1リーグ第5節】
浦和レッズ vs ジュビロ磐田
日時:3/19(土) 15:00
会場:埼玉スタジアム2○○2


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村