サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

天皇杯:準々決勝/ガンバ大阪大阪vs浦和レッズ

 準決勝進出!天皇杯準々決勝で、ガンバ大阪と対戦した浦和レッズ。先日のリーグ戦では、カンバを相手に痛い引き分けに終わりました。特にガンバのGK・東口選手にはファインセーブ連発されて…
 そんな苦い記憶を払拭してくれました。仕事だったので、試合を見ることはできませんでした。なので内容に関しては、何も書けません。メンバーを見た範囲で、ちょっとした雑感を書ければと思います。


●天皇杯準々決勝

ガンバ大阪-浦和レッズ
   0 前半 2
   0 後半 0
-------------
   0 合計 2


スタメンはこんな感じでした。

FW     ユンカー
MF  汰木  江坂  関根
MF    柴戸  平野
DF 山中 ショルツ 岩波 酒井
GK      西川

 直近のリーグ戦から中5日で迎えたレッズ。リカ将は、その柏戦と同じメンバーをピッチに送り出しました。こうして見ると、柏戦が大差になったのは大きいですね。怪我明けのユンカーなんかは、早い時間にベンチに下げることができたし。


【ユンカーの復調】

 試合は見れてないので、結果と得点から…ということで、まずは、ユンカーの復調が大きいですね。ケチャップが出始めた感じでしょうか(笑)
 江坂のゼロトップも悪くありませんが、彼はバリバリのストライカーではありません。得点能力の高い中盤の選手。というイメージでしょうか。
 これからは気温も下がってくるし、日程もタイトではありません。ラストスパート!という感じで、ユンカーが得点を量産してくれれば、2021年を良い形で終えるのとができるのではないでしょうか。


【ACLへの道】

 今シーズンの浦和レッズは「ACLの出場権獲得」という目標を掲げてます。ACLの出場権を得るには、2通りの道があります。Jリーグで3位以内に入るか、天皇杯で優勝か。これは言うまでもないですね。
 ここで確認して比較したいのは、出場権を取った時の日程です。「そんなもん、どうでもいい!てか、まずは出場権を取ることが最優先だろ!」という突っ込みもかるかと思います。それはおっしゃる通りなんですが、ここはサポーターの妄想ということで(笑)

 ということで、まずはJリーグで3位に入った場合です。優勝の可能性はなくなってますし、2位も現実的には難しいのでね。3位の場合のみ確認したいと思います。
 ACLへの、日本からの出場枠は「3+1」です。この「+1」というのは、プレーオフからの出場となりめす。そしてJリーグの3位は、プレーオフからの出場となります。
 で、プレーオフがいつ行われるかというと、通常は2月の10日前後。コロナウイルスの感染状況に左右される可能性もありますが、プレーオフからの出場となると、他のクラブに比べて開幕が2週間ほど早まることになります。
 次に天皇杯優勝で出場した場合です。天皇杯に優勝した場合は、本大会にストレートイン。2月20日過ぎのミッドウィークが初戦になるでしょうか。
 そして天皇杯の日程ですが?準決勝が12/12(日)。決勝が12/12(日)。Jリーグの最終節が12/4(土)なので、リーグ戦が終了してから1週間ごとに試合をして、リーグ戦の最終節から2週間後にシーズン終了となります。

 どちらにしても、シーズンオフが2週間短くなるわけですね。ピークのもって行き方…という点で、天皇杯優勝でACLに出場した方が、やりやすそうに感じますが、実際にはどうなんでしょうか?


最後に今後の試合情報です♪

●J1リーグ第34節
川崎フロンターレvs 浦和レッズ
日時:11/3(水) 13:05
会場:等々力陸上競技場


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村