サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

浦和レッズ vs 柏レイソル・試合結果~DAZNダイジェスト映像付き~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第33節
浦和レッズvs柏レイソル

DAZNダイジェスト映像

浦和レッズ-柏レイソル
   4 前半 1
   1 後半 0
-------------
   5 合計 1

スタメンはこんな感じでした。

FW      ユンカー
MF  汰木  江坂  関根
MF    柴戸  平野
DF 山中 ショルツ 岩波 酒井
GK      西川

 江坂の偽9番という布陣が続いていたレッズですが、この試合はユンカーがスタメン。明本は怪我のため欠場となりました。


【柴戸のワンタッチ・パスが効いた先制点】

 15分に先制したレッズでしたが、素晴らしいゴールでした。平野→柴戸→江坂→ユンカー→汰木と繋いで、最後は汰木の見事なフィニッシュ。レイソルのDFも寄せてきてたし、体を捻りながらだったので「どうかな?」と思ったんですが、よく抑えましたね♪
 このゴールシーンですが、柴戸のパスも素晴らしかった!あのワンタッチが効いたと思います。あのパスで、レイソルの中盤の背後を取ることができました。レイソルの守備もスカスカでしたが…
 このシーンはダイジェスト映像の1分20秒辺りからですね。

 先制点のシーンが象徴的でしたが、この試合、ワンタッチのパスが有効だったと思います。ワンツーという2人の関係性でなく、3人めの選手が絡むワンタッチ・パスが随所に見られたかなと。あとは、1人飛ばすようなパスも良かったかな。


【リードを奪った後のゲームコントロール】

 先制した後の、立て続けに2点め、3点めを取り、断然有利に立ったレッズでしたが、33分に失点。この失点の前後はバタバタしてた印象。
 あの時間帯ですが、ラインを下げ、縦横共にコンパクトにして、徹底して中央を固めてしまうのも1つの手だったと思います。スコアを考えると、無理に前からプレスに行く必要ないので。
 その際、江坂と関根のポジションを変えるのも、アイディアとしては、アリかもしれません。カウンターを仕掛ける際、関根を前線に残ってる方が、レイソルに脅威を与えることができるかもしれない。
 あの時間帯、レイソルはかなり前がかりになってたので、関根のドリブルによるカウンターを1〜2回見せれば、レイソルの最終ラインも背後が気になって高いポジションを取りづらくなるでしょう。そうすれば、守備からのクリアボールを拾いやすくなります。

 「無理に前からプレスに行く必要はない」と言いましたが、スコア以外にも理由があります。それは、この試合に明本が出場していないということ。ユンカーと明本ではキャラクターが違いますからね〜
 それに柏の攻撃は、アタッキングサードに入ってからアイディア不足というか…ボールを持たせて、レイソルDFの背後にスペースを作った方がやりやすそうに感じました。


【山中の左足を活かしたい】

 怪我から復帰した山中ですが、左足は健在ですね!この試合でも、何本も鋭いクロスを入れてました。
 個人的には、アーリー気味に入れるグラウンダーのクロスが印象に残りましたね。GKとDFの間にピンポイントで入るんですよね!中の選手と合わなかったり、レイソルのDFにクリアされてしまったり…
 あのクロスを活かせないでしょうか?

 私が見た印象では、コースに関してはピンポイントで狙ってますが、中の選手とのタイミングは考えていないのかなと。GKの前で誰かが触れば1点!みたいな感じなのかもしれません。
 これは、トレーニングを重ねるにつれて、選手間のイメージが共有されてくるのかな。と思いますが、1つのアイディアとして、ニアを狙うのも面白いかもしれません。
 山中のクロスに対して、中の選手はニアで合わせる。その際、相手DFの前に出て、先にボールに触る。という感じですね。ユンカーは、1度下がってから…という動きが上手いので、有効なパターンになると思います。てか、なって欲しい(笑)


【追記】

 この試合の後、中4日で天皇杯を控えているレッズとしては、こういうスコアになったことは、プラスに働くのではないでしょうか。コンディション優先で交代策を使えたと思いますし、前線の選手が綺麗に1点ずつ取ったのも良かったですね♪


最後に今後の試合情報です♪

●天皇杯・準々決勝
ガンバ大阪vs 浦和レッズ
日時:10/27(水) 18:30
会場:パナソニックスタジアム吹田

●J1リーグ第34節
川崎フロンターレvs 浦和レッズ
日時:11/3(水) 13:05
会場:等々力陸上競技場


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村