サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

浦和レッズ vs セレッソ大阪・試合結果~DAZNダイジェスト映像付き~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第29節
浦和レッズvsセレッソ大阪

DAZNダイジェスト映像

浦和レッズ-セレッソ大阪
   1 前半 0
   1 後半 0
-----------
   2 合計 0

スタメンはこんな感じでした。

FW      江坂
MF  汰木  小泉  関根
MF    平野  柴戸
DF 明本 ショルツ 岩波 酒井
GK      西川

 レッズに関してはいつもの並び。対してセレッソは4−4−2でした。セレッソは炎の13連戦の11試合目ということで、メンバーの入れ替えもあったようです。ACLの関係とはいえ、気の毒になります。
 で試合に関してですが、良い入りをしたと思います。ボールを繋げてたと思うし、失った後の切り替えの速さも秀逸でした。この「切り替えの速さ」は試合を通して継続できてましたね♪
 セレッソも前で奪おうと、積極的にプレスを掛けてきましたが、それを見事に裏返す先制点でした。起点になった平野から関根にボールが渡り、関根のスルーパス。そしてセレッソDFの裏に走り込んだ江坂が見事に決めてくれました!もちろん、小泉のスルーも見逃せません。まあ、ダイジェスト映像を見ればわかることですね(笑)

 後半は関根、田中、伊藤に決定機がありましたが、これらはセレッソのGKキム・ジン・ヒョン選手のファインセーブで防がれてしまいましたが、汰木が決めてくれました。岩波からのロングフィードを受けて、セレッソのCBの間を抜けたわけですが、よくトラップしましたね。後ろから来たボールだったので、決して簡単ではなかったと思います。岩波のフィードも見事でした。
 結果的には2対0というスコアでしてが、スコア以上に内容はよかったと思うし、もう1点ぐらい取れたかな?と思う試合でした。


【良い守備から良い攻撃を展開できた】

 この試合で最もよかったのは、切り替えの速さだったと思います。ボールを失った後の寄せが速かったので、球際で数的優位を作ることが多かったと思います。なのでボールを奪い返すのも速かった。いわゆる「即時奪回」ができてたと思います。
 積極的な守備を行うことで、守備の時間を減らしてたし、ボールを高い位置で奪えていたので、ゴール前に侵入される回数も少なかったですね。なので「危ない!」と叫んでしまうようなシュートは、ほぼなかったかなと。試合を通して「良い守備から良い攻撃」というのが体現されてたと思います。
 個人名を挙げると、江坂と小泉のプレスバックが球際での数的優位を生み出す、大きな要因になってたと思います。後は、セレッソのカウンターになりかけた時に、柴戸がよく防いでいたかなと。セレッソの攻撃に「フタをする」という表現がピッタリくるような守備だったと思います。


【プレーに勇気を感じた】

 勇気というと、大袈裟な表現かな(笑)前向きなプレーという表現の方が的確でしょうか。良い守備から攻撃になった時、前向きなプレーが多かったな。と思いました。
 後ろの選手がドリブルで持ち運び、セレッソのプレスを剥がしてみたり、ワンタッチでパスを叩いたり。中央を切り裂くようなスルーパスも見られました。セレッソの最終ラインが4バックなので、5バックに比べるとスペースを見つけやすかった。というのがあるかもしれません。
 後は試合間隔が空くようになって、コンデションが良くなったというのも、良い影響を与えてるのかもしれません。コンデション面だけでなく、練習の密度や選手間のコミュニケーションにも良い影響を与えてる可能性もあります。
 セレッソが連戦中、しかも監督交代もあったという、エクスキューズはありますので、次節のFC東京戦が注目ですね。


最後に今後の試合情報です♪

●J1リーグ・第30節
FC東京 vs 浦和レッズ
日時:9/25(土) 15:00
会場:味の素スタジアム


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村