サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

湘南ベルマーレ vs 浦和レッズ・試合結果~DAZNダイジェスト映像付き~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第27節
湘南ベルマーレvs浦和レッズ

DAZNダイジェスト映像


湘南ベルマーレ-浦和レッズ
    0 前半 0
    0 後半 0
--------------
    0 合計 0

スタメンはこんな感じでした。

FW      ユンカー
MF  大久保  小泉  関根
MF   伊藤(敦)  平野
DF 宇賀神 槇野 ショルツ 酒井
GK       西川

 この試合も3バックのチームが相手でしたね。立ち上がり、立ち位置に注目してみましたが、プレスに行く際は、ユンカーと小泉が縦関係になって、両サイドの関根と大久保が前に出てましたね。
 ベルマーレの3バックに対して、大久保、ユンカー、関根で3トップを形成し、小泉がベルマーレのアンカーの選手を見る形を採ったのだと思います。
 ただし、プレスがはまっていたかと言うと、そうとも言い切れず、自陣でブロックを作る場面が結構ありました。ベルマーレのクロスやシュートの精度が、もっと高かったら危なかったですね。
 攻撃では、決定機と言えるのは前半の大久保と後半の江坂のシュートぐらい?3連勝中は内容が物足りない中、結果として勝つことはできてましたが、この試合に関しては内容通りの結果に終わったと思います。


【3人目の動きが足りない】

 この試合もそうですし、中断明けの連勝中も気になってたことがあります。出し手と受け手、二人だけの関係でプレイしてることが多いんですよね。

 例えば後半に明本が投入され、スペースに走り込んだり裏を狙ったり…というプレイが増えました。明本の良さを活かして、試合の流れが良くなりました。ただ時間と共にベルマーレに対応されてしまい…
 ベルマーレが上手く対応してきたというのもありますが、レッズにも問題があったように思います。明本が裏を狙い、そこに素直に出す。これは悪いことではないと思います。でもこれは、受け手である明本と、パスの出し手の二人だけの関係性なので、ベルマーレの守備陣は予測しやすいプレイのように思います。
 明本が裏に抜ける動きを囮して、他の選手が足元でボールをもらいに行く。ボールホルダーと裏に抜ける明本。そして足元でボールをもらいに行く選手。三人の関係性でのプレスが増えれば、もっとチャンスが作れるようになると思います。

 もちろん、三人以上が絡むプレイができてるシーンもありましたし、そういう時は可能性を感じる攻撃もできてましたが、まだまだ数が少ないように思います。
 今シーズンのレッズは、かなり積極的な補強をしてますが、スケジュールがタイトなので、まとまったトレーニングの時間が取れない。悩ましいですね。


最後に今後の試合情報です♪

●YBCルヴァン杯・準々決勝 第1戦
浦和レッズ vs 川崎フロンターレ
日時:9/1(水) 19:00
会場:浦和駒場スタジアム

●YBCルヴァン杯・準々決勝 第2戦
川崎フロンターレ vs 浦和レッズ
日時:9/5(日) 18:00
会場:等々力陸上競技場

●J1リーグ・第28節
湘南ベルマーレ vs 浦和レッズ
日時:9/11(土) 18:00
会場:ニッパツ三ツ沢球技場


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村