サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

浦和レッズ vs サガン鳥栖・結果~DAZNダイジェスト映像付き~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第24節
浦和レッズvsサガン鳥栖

DAZNダイジェスト映像

浦和レッズ-サガン鳥栖
   1 前半 1
   1 後半 0
--------------
   2 合計 1

スタメンはこんな感じでした。

FW     明本
MF 大久保 江坂  田中
MF  伊藤(敦)  平野
DF 西 槇野 岩波 酒井
GK     西川

 結果としては、よく勝ったな。という試合でした。チャンスの数は鳥栖の方が多かったし、ビルドアップもプレスも、鳥栖の方が上手くいってました。鳥栖の立場に立ったら、非常に悔しい負けだったと思います。
 得点に関しては、江坂の素晴らしいアイディアで先制して、決勝点は明本も頑張りでPKを獲得!という感じだったかなと。


【江坂は期待大!】

 江坂に関しては、かなり期待できそうですね。先制点をアシストした、胸トラップ…というか、胸を使ったスルーパス?は秀逸だったと思います。後半には、大久保のクロスをゴール前で合わせて、惜しいシュートを放ちました。キーパーが弾いた後、詰めてヘディングに行ったのも、素早い反応だったと思います。

 小泉と比較されることも多いかもしれませんが、小泉と似てるようでタイプは違うかなと。今の段階での話しになりますが、二人の違いは中盤に降りる頻度だと思います。小泉は、ビルドアップをフォローするために、頻繁に中盤に降りることが多いかな。対して江坂は、中盤に降りることもありますが、できるだけ高い位置でプレーしようとしてるように思います。
 逆に言うと、前節の札幌とこの試合は、ビルドアップが上手く行ってないのは、トップ下が小泉から江坂に代わったからなのかな?と個人的には思ってます。ただ、江坂が悪いとは思ってなくて、ボランチの成長を促すためには、却って良いかもしれません。

 トップ下がビルドアップに関わりすぎると、ゴール前の人数が足りなくなり、得点はユンカー頼みという状況が打開できません。ボランチはたいへんかもしれませんが、トップ下が高い位置でプレーできるようになると、ユンカーがより活きますし、アタッキングサードに入ってからの攻撃に迫力が増すと思います。
 今シーズンの浦和は、ボールを握る時間が増えた割には、チャンスの数が少ないと思ってます。アタッキングサードに入った後の攻撃に課題があると思うし、その課題を解決するために、江坂という選手が切り札になると期待してますし、今後、いちばん注目していきたいところでもあります。


最後に次の試合情報です♪

●天皇杯・ラウンド16
京都サンガF.C. vs 浦和レッズ
日時:8/18(水) 18:00
会場:たけびしスタジアム京都

●J1リーグ・第25節
徳島ヴォルティス vs 浦和レッズ
日時:8/21(土) 19:00
会場:鳴門・大塚スポーツパーク
   ポカリスエットスタジアム


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村