サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

ベガルタ仙台 vs 浦和レッズ・結果~DAZNダイジェスト映像付き~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第21節
ベガルタ仙台vs浦和レッズ

DAZNダイジェスト映像

ベガルタ仙台-浦和レッズ
   0 前半 0
   0 後半 0
--------------
   0 合計 0

スタメンはこんな感じでした。

FW     ユンカー
MF  汰木 小泉 田中
MF   伊藤(敦) 柴戸
DF 明本 槇野 デン 西
GK      西川

 前半は、攻める浦和と守る仙台という構図がはっきりしてました。ユンカーの惜しいヘディングなどもありましたが、結果的にはスコアレスで折り返すことに。
 後半は仙台も反撃に出て、決定的なシュートもありましたが、GK・西川のビッグセーブもあり、スコアレス・ドローでタイムアップ。
 浦和としては、勝てばACL圏内に順位を上げるチャンスでしたが、勝ち点1という結果に終わりました。


【押し込んだ前半】

 前半は、サイドを起点に攻撃を組み立てることができてました。西のクロスからユンカーのヘッド。という場面もありましたが、ゴールネットを揺らすことはできず。
 中央を締める仙台に対して、サイドからの攻撃は有効でしたが、ややサイド一辺倒になってしまったかな?その要因は、小泉がバイタルでボールを受ける回数が少なかったからだと思います。ある意味、仙台は小泉を試合から消そうとしてたし、有効な守り方だったと思います。
 あとはサイドからのクロスに対して、中に入る枚数。というか、仙台としてはユンカーを押さえれば、何とかなる!という感覚があったかもしれません。2トップだったら…と思う場面が、何回かありました。
 また、サイドからのクロスに対して、伊藤が飛び込む形が作れれば、面白かったかもしれません。182cmという高さがありますからね。
 攻め込んだように見えた前半でしたが、決定機は少なかったように思います。


【後半・仙台の反撃】

 前半は腰が引けてた仙台も、後半は前からプレスをかけるようになってました。そしてシュートも打たれました。てか、西川のビッグセーブがなかったら失点してたかも?
 あとは浦和のSB裏ですね。前半から、西と明本が高い位置をとっていた浦和ですが、後半になると、仙台がSB裏を狙ってきた。チームとして、共通の意識を持ってたように見えました。

 そして67分。田中に代わって興梠を投了した浦和。興梠が裏を狙うことで、仙台のCBをピン止めすることに成功。ボールが回り始めました。小泉もトップ下から右SHにスタートポジションが移り、ボールを受けやすくなったように見えました。
 クロスに対するターゲットも、ユンカーと興梠。生粋のストライカーが2枚になったことで、期待が膨らみました。この辺りの交代は、さすがロドリゲス監督ですね!
 ただ、このタイミングで山中も投入したら面白かったのでは?と個人的には思います。CBをデンから岩波に代えてるので、リスクが大きいかな?どちはにしても、もう少し早く山中を見たかったというのが、私の本音ですね~
 


最後に次の試合情報です♪

●天皇杯・3回戦
浦和レッズvsSC相模原
日時:7/7(水) 19:00
会場:浦和駒場スタジアム

●J1リーグ・第22節
大分トリニータ vs 浦和レッズ
日時:7/10(日) 19:00
会場:昭和電工ドーム大分


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村