サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

浦和レッズ vs 大分トリニータ・結果~DAZNダイジェスト映像付き~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第11節
浦和レッズvs大分トリニータ
DAZNダイジェスト映像


浦和レッズ-大分トリニータ
    1 前半 2
    2 後半 0
--------------
    3 合計 2

スタメンはこんな感じでした。

FW      杉本
MF   明本 武藤 関根
MF    小泉 柴戸
DF  山中 槙野 岩波 西
GK       西川

 ルヴァン杯で結果を出した杉本をスタメン起用してきました。結果としては…個人的には微妙に思いました。


【田中達也の決勝点!】
 
 ダイジェスト映像を見ての通りですね。明本から小泉と繋がり、ゴチャゴチャっとして、ボールがこぼれた所に田中が走り込んできてシュート!という流れでした。最終的には、綺麗な形じゃなかったかもしれませんが、個人的には魂を感じるゴールでした♪
 こぼれ球には興梠も反応してましたね。あそこに走り込んでるのはさすがです!ポストプレーなどを見ても、少しずつ戻って来てるのかな?と思います。本当に少しずつですけどね。もちろん好調時から比べたら、コンディションも試合勘もまだまだでしょう。もう少し待ちましょう♪


【3バック対策は上手くいったのか?】

 前節の大分の試合を見た感じでは、もう少し主導権を握れると思ったんですが、甘くなかったですね。
 西の先制ゴールもあり、立ち上がりは試合を優位に進めた浦和でしたが、時間の経過と共に大分にペースを握られ、前半のうちに逆転されてしまいました。


1. 5-4-1 のブロックに苦戦

 きっかけは、大分の5バックに手を焼いていたことから、ペースが狂っていったのかな?と思いました。
 4バックの相手には、CBとSBの間のスペースに侵入することができるようになり、流れの中からチャンスも作れるようになってきました。セレッソ戦なんかは、その辺が顕著に出た試合だと思います。
 そして試合の立ち上がり、大分のプレスは上手くいってなかったと思います。この分割りきって、5-4-1 のブロックを作ってましたが、浦和は先制点以降、有効な攻撃を繰り出すことがてきませんでした。
 画面越しで見ても、4バックに比べて守備の網の目が細かいな~と思ってました。選手の目の高さで見ると、スペースを見つけるのに相当苦労したかもしれません。


2. 大分のプレス

 浦和が攻めあぐねてる間に、大分のプレスが徐々にはまるようになってきました。大分は、撤退する際には 5-4-1 の並びでしたが、前からのプレスに行く時は、その都度形を変えてました。
 5-3-2 や 5-2-3 と、基本的には、最終ラインの枚数は変えてなかったと思います。その代わり、前線の形を変えてたように見えました。これは、浦和がビルドアップの際に可変するのに合わせたのだと思います。
 大分が立ててきた浦和対策に対して、更に上を行くことができず、ズルズル下がってしまい、失点をしてしまった…という所でしょうか。


【今後に向けて】

 大分戦は、決して誉められるような内容ではなかったと思います。特に、前半の飲水タイムの前辺りから後半の立ち上がり辺りまでは、負け試合の内容だったと思います。
 ただしポジティブに考えれば、次の課題が浮かび上がったとも言えます。勝ち点3を得つつ、次の課題か明確になったのですから、私はラッキーと思ってます。


【次の試合】

 最後に次の試合情報です♪

●YBCルヴァン杯/グループステージ第3節
浦和レッズ vs 湘南ベルマーレ
日時:4/28(水) 18:00 キックオフ
会場:埼玉スタジアム2○○2

●J1リーグ第12節
アビスパ福岡 vs 浦和レッズ
日時:5/51(土) 14:00 キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村