サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

浦和レッズ vs 徳島ヴォルティス・結果~リカ将サッカーの同門対決!~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第9節
浦和レッズvs徳島ヴォルティス
DAZNダイジェスト映像

浦和レッズ-徳島ヴォルティス
    0 前半 0
    1 後半 0
--------------
    1 合計 0


 スタメンはこんな感じでした。ベンチメンバーも含めて、前節と同じでしたね。

FW     武藤
MF 明本 小泉 武田 関根
MF     伊藤(敦)
DF 山中 槙野 岩波 西
GK      西川


【コーナーキック(CK)で決勝点!】
 
 前節に続き、CKから得点を奪い、それが決勝点となりました。前節はゾーンで守る清水に対して、岩波のところで、高さのミスマッチを作りました。
 今節の徳島戦では、高さのある杉本とか岩波がゴール前へ走り込まず、徳島のDFが戸惑ったところで、上手くマークを外した関根がヘッドで決めました。
 スカウティング通りだったみたいですね♪流れの中から得点を量産するには、まだ時間が必要なので、セットプレーでの得点は、かなり重要だと思います。セットプレーで勝ち点を拾いつつ、内容を高めていければベストですね!


【内容は高める余地あり】

 結果は出ましたが、内容的には高める余地が満載ですね。特に前半は引いてしまう場面が散見されました。
 徳島はビルドアップの際、巧みに3バックに可変し、SBに高いポジションをとらせてました。結果、浦和のSHが低い位置に押し込められ…
 後半は修正され、ある程度前からプレスに行けてましたが、前半の途中で修正できるようになれば、チームが成長してると言えると思います。


【ハーフスペースの攻略】

 攻撃面では、前半終わり頃に良い形が続きました。個人的には、アディショナルタイムに明本がシュートを打った攻撃が、いちばん良かったと思ってます。
※ダイジェスト映像の3分10秒から20秒辺りですね。
 ざっくり言うと、ハーフスペースの深い位置に走り込んだ関根に、大外に開いた西から、斜めのパスが入り、マイナスのクロス。武藤のシュートのこぼれ球を明本がシュート。という流れでした。
 このシーンで関根が走り込んだスペース。あのスペースに侵入して、パスが通る頻度が上がると、決定機が増えてくると思います。


参考
この試合の展望を書いた記事はこちら


【次節はセレッソ戦】

 最後に次節の試合情報です♪

2021年・J1リーグ第10節
セレッソ大阪vs浦和レッズ

日時:4/18(日) 15:00 キックオフ
会場:ヤンマースタジアム長居


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村