サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

収穫はボランチ!課題は五輪世代の融合?~日本代表vs韓国代表~

 日本代表の試合が、日産スタジアムで行われました。日本国内での開催は久しぶりでしたね~
 結果は3対0で日本代表の勝利となりました。個人的には、ソン・フンミンの不在が残念でした。トッテナムでバリバリの主力を張ってる彼と、日本のDF陣がどれだけやり合えるのかを見たかったです。


●スコアとスタメン

日本代表-韓国代表
  2 前半 0
  1 後半 0
----------
  3 合計 0


日本代表スタメン

FW      大迫
MF  南野  鎌田  伊東
MF    守田  遠藤
DF 佐々木 冨安 吉田 山根
GK      権田

 スタメンはこんな感じでした。呼べるメンバーでベストな布陣を組んだという感じでしょうか?


●ボランチの組み合わせ

 私が最も注目したのはボランチです。今までは、柴崎と遠藤がファーストチョイスのように見えました。柴崎の守備はどうなのかな~?と思ってたので、遠藤と守田の組み合わせは楽しみでした。
 結果から言うと、よかったと思います。細かいことを言ったらキリがありませんが、やはり守備面は、柴崎に比べると安心して見ていられます。攻撃に関しても、あれぐらい縦に入れることができれば、充分ではないでしょうか。
 もちろん、引いた相手を崩せるのか?アタッキングサードでのアイディアは?とかエクスキューズはありますが、そういう展開になったら柴崎の出番だと思います。その辺は相手によって使い分ければ良いし、この試合でのボランチの組み合わせは、日本代表にとって収穫になったと思います。


●CBは試さなくていいのか?

 逆にCBに関しては、試さなくてよかったのかな?と思いました。吉田と冨安が鉄板なのはわかります。ある意味、ボランチが新たな組み合わせにトライしてたので、CBをいじるのはどうなのか?という考え方もあると思います。
 とは言え、今さら吉田と冨安をフル出場させるんですか?と思ってしまいました。この試合は親善試合です。いわば練習試合です。

●東京五輪世代の融合

 仕方ないと言えば仕方ないのですが、今回のチームに東京五輪世代はいません。本来なら去年、東京五輪が終わって、五輪代表メンバーの中からA代表へステップアップする選手が出てきて融合させていく。そういうプランだったと思うんですね。そのプランが崩れてます。
 もちろん、コロナウィルスの影響なので仕方ないし、どの国も同じような状況だと思います。堂安や久保はもちろんのこと、川崎フロンターレの田中碧や旗手も有力な選手だと思います。
 難しい状況下だと思いますが、W杯最終予選に入る前に、試す機会が訪れてくれることを願ってます。もちろん、全員がバリバリの主力になれるかと言われると、そんな甘くはないと思います。ただ、途中出場で流れを変えたり、相手に傾いた流れを止められる。そういう選手になる可能性は、充分に秘めてると思います。
 サッカーは、スタメンの11人だけでやるスポーツではありません。ベンチにいるメンバーも重要です。ロシアW杯でベルギーに負けたことで、そのことを学んだと思います。高い授業料でしたが、高い授業料を払った分だけの成果が出ることを期待してます!


サッカー・日本代表のブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村