サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

浦和レッズvs 川崎フロンターレ・レビュー~前半と後半で全く違う試合だった~

 まず始めに埼スタに参戦された皆さん!お疲れさまでした。これ以上、言葉がないのですが、それじゃあブログにならないし、こういう試合こそ振り返りが大事です。


~目次~
1.DAZNダイジェスト映像とスコア
2.メリハリとコンパクトさが利いてた前半
3.露骨に足が止まった後半
4.個の力の比較


●DAZNダイジェスト映像とスコア

2021年・J1リーグ第6節
浦和レッズvs川崎フロンターレ
DAZNダイジェスト映像

浦和レッズ-川崎フロンターレ
   0 前半 1
   0 後半 4
--------------
   0 合計 5


スタメンはこんな感じでした。

FW     杉本
MF 汰木  小泉  関根
MF  伊藤(敦)  金子
DF 山中 槙野 岩波 宇賀神
GK      西川

 私の予想は見事に外れました(笑)


●メリハリとコンパクトさが利いてた前半

 前半は素晴らしい試合を展開してたと思います。前半の出来が良かった、主な要因は2つ。「メリハリ」と「コンパクトさ」の2点だったと思います。


1.メリハリ

 プレビューで言いましたが、川崎相手に引きこもったら危険です。中盤で出来るだけプレッシャーをかけて、精度の高いパスを出させない。これが出来るのがベストです。
 実際に、中盤でボールを奪うことが出来てました。とは言え、極端に高い位置からプレスをかけていた訳ではありません。やり方としては、川崎ボールになると、まず1度 4-4-2 のブロックを作ってバランスを整える。バランスを整えた後に、前線からアプローチをかける。というやり方でした。
 川崎相手に、やみくもにプレスに行くのは危険。なので1度バランスを整え、危険なスペースを消してからプレスに行く。川崎の強さをリスペクトしつつも、引きこもるわけではない。理にかなってたと思います。DFラインも高く保とうという意思も伝わってきました。
 ただし、常にプレスがはまる訳ではありません。プレスを回避される場面もありました。その時はリトリートして、しっかりとブロックを作ってましたし、選手の意思統一も出来ていたと思います。


2.コンパクトさ

 良かった点の2つめはコンパクトな陣形を保ってたことです。縦のコンパクトさもさることながら、横のコンパクトさも保ってました。横のコンパクトさを保ち、しっかり中央に絞ってたので、いちばん危険な中央のスペースを消すことができてました。
 又、コンパクトさを保つことで、サポートの出来る距離でプレーすることも出来てました。ボールを奪われても、複数で囲い込む場面が何度もありました。この辺りは、前節で神戸が上手く対応していたのが、参考になったのだと思います。

 前半は上手くいってたので、スコアレスで折り返したかったですね。前半終わり間際の失点は痛かったです。もっと言えば、杉本のボレーが決まってれば…あれはキーパーを誉めるしかないかな?


●露骨に足が止まった後半

 前半の終了間際に失点し、後半立ち上がりのチャンスを逃した浦和。チャンスで決めきらないと、痛い目に合うという典型でしたね。ダミアン選手のシュートはスーパーだったので仕方ありませんが、その前の守備は…もう少し上手く対応できたんじゃないの?という感じです。
 追加点を取られたのは痛いですが、まだ2点てす。切り替えて前半のようなプレーをすれば、まだ試合になる!諦めるのは早い!と思ってました。でも…

【【【選手は諦めてたんですかね?】】】

 いや。そんなことはないと思いますが、明らかに切り替えができてなかったというか、下を向いてしまったというか…あれよあれよという間に2失点。あっという間に 0-4 になってしまいました。
 精神論とか言いたくないんですけど、露骨に選手の足が止まったんですよね。まだ足が止まる時間じゃないです。フィジカル的には、まだ走れるはず。だとすると原因はメンタル?
 前半はパスを出した後、次にパスを受けられるスペースに走ってました。さらに言えば、周りの選手もプレーに関与しようとポジションをとってました。だから川崎相手に闘えてたんだと思います。
 この失点以降、パスを出したら立ち止まり、周りの選手も棒立ち。というシーンが散見されました。むしろ、ボールを受けるのを怖がってたんでしょうか?結果、ボールホルダーがあたふたしてる間に、川崎の選手に囲まれて…
 私も怒ってますが、DAZNの画面に映ったロドリゲス監督もかなり怒ってるように感じたのは、私だけでしょうか?


●個の力の比較

 先日、日本代表メンバーが発表されましたが、両クラブから選出された選手を羅列して、比較してみます。コロナウィルスの影響で呼べなかった選手もいると思いますが、まあ1つの目安として。


~フル代表~

浦和レッズ | 川崎フロンターレ
----------------
西川周作(GK)| 山根視来(DF)
      |


~U-24 代表~

浦和レッズ | 川崎フロンターレ
----------------
選出者なし | 三笘薫(MF)
      | 旗手怜央(MF)
      | 田中碧(MF)


 小泉、明本、伊藤(敦)も頑張ってますが、現時点では川崎の方が上を行ってると、認めざるを得ませんね。

 大敗はしたものの、代表ウィークに入るので、切り替える時間はあります。ルヴァン杯もあるので、出場機会の少ない選手が躍動して、チームを盛り上げて欲しいですね♪


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村