サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

【受け入れることができない】より気になる台詞~リカルド・ロドリゲス監督の会見より~

 2/12(金)に浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督の会見がオンラインで行われました。沖縄キャンプを終えて、その総括やキャプテンを選んだ経緯などが主な内容でした。
 そして、柏木選手と杉本選手の件についても、記者から質問が飛んだようです。今回は私が気になったフレーズについて触れたいと思います。


●柏木・杉本選手の件について質問が飛んだ

 ある意味、沖縄キャンプでいちばんの話題になってしまった、柏木選手と杉本選手の外食ですが、当然、記者からも質問が飛んだようです。


質問1:柏木選手の復帰を受け入れられるのか?

 このような記者からの質問に対して監督は、こう答えています。


※※※以下浦和レッズHPより抜粋※※※

『柏木選手の杉本選手との違いは、繰り返したということです。彼の処分についてはまだ結論が出ていませんが、私自身の考えはクラブに伝えました。トレーニングにはまだ戻っていません。私としては彼の今回の行動はあまり受け入れることができないと思っています』

※※※以上浦和レッズHPより抜粋※※※


 杉本選手は初めての規律違反なので、今回はチームへの合流を許した。柏木選手は規律違反を「繰り返した」ので、チームへの合流を認めることはできない。まとめると、このように言ってるようですね。
 例えとして良くないかも知れませんが、犯罪者も、初犯なら執行猶予が付くことが多い。再犯の場合は実刑判決が下ることが多い。
 この例に照らし合わせると、杉本選手は初めての規律違反なので、チームへの合流を認めたけど、ピッチ内外での姿勢や行動を見てるよ。という、いわば執行猶予という感じでしょうか。
 対して柏木選手に関しては、以前にも規律違反を犯して、その時に指導されたんですよね?反省したんですよね?もうやらないって約束したんですよね?全然反省してないじゃん?反省してない人を許すことはできないよ。といういわば実刑判決が下りた感じですかね。



質問2:クラブにも【受け入れることができない】
と伝えたのか?

 という質問に対しては、このように答えています。と同時に、私が最も気になったコメントでした。


※※※以下浦和レッズHPより抜粋※※※

『今はチームづくりをしているところですが、そのためには団結力と規律が重要だと思っています。その中で繰り返しこのような行動をしてしまった選手がいるということに対して、私が見る限り、クラブの中にも疲れを感じている人たちがいるように思います』

※※※以上浦和レッズHPより抜粋※※※


 クラブの中にも疲れを感じている人たちがいるように思います。って?怒ってるとか、呆れてるんじゃなくて…

【【【疲れを感じてる】】】

 要するに、今回の柏木選手の行動に対して、怒りを通り越して疲れちゃったスタッフがいるってことですよね。それとも選手?
 柏木選手の規律違反に関しては、表に出たのは今回で2回目です。2回目で、怒りを通り越すものでしょうか?実は、表沙汰になっていない規律違反が何回もあったのか?クラブの外にいる私たちには、知るよしもありません。



●疲れを感じてる人たちがいるって本当?

 少なくとも今回の件で、各方面に謝罪をしたスタッフがいると思います。変な話、時短営業を余儀なくされている「酒蔵・力」にも謝罪に行ったかもしれません。

 繰り返しますが、怒りや呆れではなく、疲れちゃうってどういうレベルなんでしょうか?人がこういう気持ちを抱くって余程のことです。てか「人たち」って疲れを感じてる人が複数いるってことだし。
 クラブ内は上手くいってるのか?責任ある立場の人たちは、ちゃんと役割を全うしてるのか?いろいろと不安や疑問が沸く会見内容でした。 



大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村