サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

リヴァプール勝った!トッテナムvsリヴァプール ~DAZNダイジェスト映像付き~

プレミア・リーグ 第20節
トッテナム VS リヴァプール

 マンチェスターCが急上昇すると共に失速したリヴァプール。マンチェスターの2つのクラブ、ユナイテッドとシティが首位争いをする中、リーグ優勝するためには負けられない一戦。というより、何がなんでも勝ちたい一戦。
 一方トッテナムも上位に踏みとどまり、モウリーニョ監督の下、リーグ優勝を目指すためにはリヴァプール同様、何がなんでも勝ちたい試合でした。
 その試合がどうなったか?まずはダイジェスト映像をご覧ください。

DAZNダイジェスト映像(プレミアリーグ・第20節)

トッテナム VS リヴァプール
  0  前半  1
  1  後半  2
------------
  1  合計  3

 ということで、結果はリヴァプールの勝利となりました。リヴァプールはリーグ戦では久々の勝利!というより得点自体も…この試合ではフィルミーノ、アーノルド、マネが得点。先日のFA杯ではサラーが2得点。ここから復調するでしょうか?
 対してトッテナムは、立ち上がりのソン・フンミンのシュートがオフサイド。あれが痛かったかもしれません。VARを見ても、ほんの僅かでしたよね。あれがオフサイドじゃなかったら…
 トッテナムに先制点が入っていたら、攻める「リヴァプールvs守るトッテナム」という構図が色濃くなって、リヴァプールは苦戦したかもしれません。そういう意味ではリヴァプールにも運が向いてきた?
 リヴァプール大好きなので、運も味方につけて復調して欲しいと願ってます。ということで、ここからリヴァプール目線で進めていきたいと思います。


●得点力不足について

 開幕直後は、マンチェスターCが得点力不足に陥ってました。ここ最近は、ギュントアンの爆発もあり、得点を増やしています。そして、シティが点を取り始めたのと入れ替わるように、リヴァプールが点を取れなくなっていきました。
 サッカーって面白いですね。プレミアリーグの中でも、抜群の得点力を誇る、シティやリヴァプールも得点力不足に陥ることがあるんですもん。どんなチームにも好不調の波はあるし、シーズンを通してコンスタントに点を取り続けるのは難しいんですね。

 原因とか対処方法が、すぐにわかればいいのですが、そう簡単な話でもないのでしょうね。素人にはわからないので、ここはクロップ監督を信じて応援していきましょう!
 というところでブログを終わらせてもいいのですが、せっかくなので私なりに考えてみました。「ああでもない!」「こうでもない!」と語るのも、サッカーの楽しみ方の1つですからね♪
 
 
●得点力不足の原因

 リヴァプールが得点力不足に陥った原因として、ファン・ダイクの不在がいちばんの痛手と考えてます。

「はあ?得点の話をするのに、なんでファン・ダイクが出てくるんたよ?」
「失点の話をしてるんじゃないんだよ!」

って突っ込みはアリです(笑)

 真面目な話、どんなチームでも得点を取れない時期はあります。シティもそうでした。そしてリヴァプールも、得点力不足の波に襲われた。リヴァプールが得点を取れてなかった試合を思い返してみましょう。

 得点を取れてなかった試合は、どの相手が引いて守ってきました。人数をかけて強固なブロックを作られ、裏のスペースを消されました。
 そういう時にセットプレーで点を取れると、道が開けます。リヴァプールのセットプレーで、いちはん便りになるのはファン・ダイクでしょう。ファン・ダイクがきめるのもそうですが、ファン・ダイクにマークかつくことで、他の選手が楽になります。

 守備面だけでなく、攻撃面にも大きな影響を与える…ファン・ダイクという選手は、世界最高峰のCBの1人だと思います。しっかりと怪我を直してピッチに戻って来ることを期待してます。

 他には、アレクサンダー・アーノルドのクロスが、昨シーズンに比べて…という声もあります。私もそう思います。
 あとは、ジョタの離脱も痛いですね。チアゴも怪我で離脱していた時期もありました。特に、引いた相手を崩すために獲得した選手たちでしょうから、この二人の怪我は痛かったと思います。


●おまけ

 このエントリーを書いてるうちに、ファン・ダイクの存在の大きさを改めて感じました。なので近いうちに、ファン・ダイク不在がチームに与える影響という感じの記事をアップしたいと思います。



海外サッカーのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村


大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村