サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

浦和レッズ VS 北海道コンサドーレ札幌 ~DAZNダイジェスト映像付き~

J1リーグ 第34節
浦和レッズ VS 北海道コンサドーレ札幌
スタジアム:埼玉スタジアム2○○2

DAZNダイジェスト映像


 久しぶりの更新になります。で、何を話せばいいのやら?どこから話せばいいのやら?


●今さら3バック?

 今シーズンは、一貫して4バックに取り組んで来たはずです。4-4-2のブロックを組むことを基本に「良い守備から良い攻撃へ」がテーマだったはず。
 シーズン序盤は心許ない4バックでしたが、シーズンが進むにつれて、進化してるとも感じてました。もちろん、大量失点もありましたが、勝ったり負けたりしながら…まさに「3歩進んで2歩下がる♪」という表現がピッタリだったと、個人的には思ってます。
 全て上手くいくわけはない。常に右肩上がりに進化するわけはない。自分に言い聞かせながら、我慢のシーズンを見守ってました。

 「良い守備から良い攻撃へ」

 いつか、リバプールみたいなチームが出来上がる。そんな期待をしてました。あんなチームが出来上がるなら、今は我慢しよう。

 最終戦だから、何としても勝ちたい!というのはわかります。そのために、なりふり構わず…ってことだったのでしょう。でも、個人的にはブレないで欲しかった。
 

●武田英寿について

 札幌戦のような展開では、武田の良さは活きにくいですよね。何しろ、満足にボールを持てないんだから。

 私は、青森山田時代の武田のプレーを1度だけ見てます。選手権の決勝ですね。静岡学園に負けてしまった試合です。
 武田は、4-2-3-1のトップ下で出場してました。攻撃に関しては何でもできる感じ。
 守備に関しては1トップの選手と共にファースト・デフェンダーとして、プレスに行ってました。パスコースを切りながらプレスに行けてましたし、前線の守備としてはオッケーだと思いました。
 ただし、ボランチとしてはどうなのかな?プレーを見てないので、何とも言えません。個人的には2列目の選手なのかな?と思ってます。川崎戦のプレーなんかを見ると、ゴールに近い位置でプレーした方が、良さが活きるかもしれません。


 他にも、橋岡のCBや社長の挨拶など、言いたいことはあるのですが、なんか疲れたので、今日はこの辺で。今後、シーズンの総括的な記事をアップしたいと思います。
 選手の皆さんは、たいへんなシーズンだったとおもうので、しっかり休んで欲しいですね。

 また、DAZNでヨーロッパサッカーも見てるので、プレミアリーグを中心に記事をアップしたいと思います。



大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村