サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

浦和レッズ VS ベガルタ仙台 ~DAZNダイジェスト映像付き~

J1リーグ第23節
浦和レッズ VS ベガルタ仙台
スタジアム:埼玉スタジアム2○○2

DAZNダイジェスト映像


 スタメンやスコアはDAZNの映像を観ての通りですね。6対0で浦和の勝利という結果でした。


⚫素晴らしかった先制点

 まずは先制点に触れたいと思います。橋岡がボールを奪い返してから、何人の選手が絡んだでしょうか?
 武藤、汰木、興梠、長澤…橋岡を含めると5人絡んだ子とになります。実にフィールドプレーヤーの半分が絡みました。ミシャ時代を彷彿させるような崩しでした。試合後の興梠のコメントでも、1点目は嬉しい得点だったことが伝わってきます。
 更に言えば、長澤が決めたことが大きかったと思います。武藤がサイドに流れたり、組み立てに参加したり、いろんな場面に顔をだしてました。あの動きは武藤の真骨頂といえます。
 ただその反面、武藤がゴールから遠ざかるので、ゴール前の人数が足りなくなる可能性があります。足りなくなった人数を補う為に、ボランチがゴール前に入る必要があると思うのですが、あの場面では長澤が入り、ゴールを決めました。
 他にも、エヴェルトンもいいシュートを打ってました。今後も仙台戦のようなやり方で攻撃を構築するなら、ボランチがゴール前に入る動きは必須だと思いますので、是非とも続けて欲しいと思います。


⚫相手のミスを得点に結びつけた

 次に触れたいのは3点目です。汰木が仙台の横パスをインターセプトして、興梠にパスを通し、PKを獲得しました。仙台のミスと言えばミスなのですが、勝ててなかった時は、相手のミスを、得点に結びつけることができていませんでした。
 この得点は、浦和がやりたいことであると共に、つなぐサッカーを志向している仙台は、最も避けたいミスの1つだと思いますので、仙台が受けたダメージは計りしれません。事実上、この3点目で試合は決まったと思います。


 後半も3点を追加した浦和でしたが、内容以上に結果が出た部分もあったと思います。ただ、内容が良くても結果が伴わない試合もあるのがサッカーなので、これはこれで良いのかなと(笑)
 今後は、3バックの相手にはどうか?とか、繋ぎの上手さではJリーグ随一の川崎にはどこまでできるのか?とか、課題はあると思いますが、そういう課題を1つずつ克服することをきたしてます。




大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村