サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

清水エスパルス VS 浦和レッズ J1第18節 レビュー

J1リーグ第18節
清水エスパルス VS 浦和レッズ
スタジアム:IAI スタジアム 日本平



⚫結果

清水エスパルス-浦和レッズ
   0  前半  1
   1  後半  1
--------------
   1  合計  2

得点
21分 山中(浦和)
59分 興梠(浦和)
90+1分 ティーラシン(清水)


⚫両チームのスタメン
 (中継開始時のDAZNの表記です)


清水エスパルス
FW   ドゥトラ ジュニオ
MF 西澤  河井 鈴木 エウシーニョ
MF       竹内
DF  アウグスト 立田 ヴァウド
GK      大久保


浦和レッズ
FW  レオナルド 興梠
MF 汰木      武藤
MF   柴戸  長澤
DF 山中 槙野 岩波 橋岡
GK      西川



⚫試合に勝って、サッカーで負けた!

 内容的には清水の方がよかったです。シュート数を比較すると、清水の11本に大して浦和は5本。コーナーキックも清水が6本で清水が3本。
 DAZNのハイライトだけを見た方が楽しめたかもしれません。まさにハイライト・サッカーでした。


●パスが繋がらない

 ボールを奪った後の最初のパスがバタついてます。清水の前線が激しくきてたのは確かでしたが、ちょっとひどかった。興梠にボールが入っても、後が続かない。

1.ボールがない所での動きが少ない
 浦和の攻撃は「戦術・興梠」です。良くも悪くも興梠頼みなのは事実です。本来最前線にいるべき選手ですが、パスを引き出す為に中盤に降りてきます。清水の選手の間に顔を出してボールを受ける、あのポジショニングは流石です。
 ところが興梠が中盤に降りた時、裏を狙う選手がいないことが多いんですよね。清水のDFは、思い切ってラインを上げることができます。更に浦和の選手のサポートも遅い!
 あれじゃあ、攻撃が始まりません。

2.パスが各駅停車
 パススピードが遅い!と感じる人もいると思います。私もそう思います。ただパススピード以上に遅いのが「パスのテンポ」
 パスを受けて、パスを出す相手を探して、どこに出そうかな~って迷って、やっぱやめようかな~って悩んでるうちに、清水の選手に寄せられる。
 ボールホルダーも悪いんですが、周りの選手の方が責任は重いと思います。パスコースを作る動きが少なすぎます。

「パスコース切られてるよ!」
「ポジション移動しろよ!間から顔を出せよ!」
「あそこのスペース空いてるだろ!」

 正直、キレまくってしまいました。


●交代選手に役割は伝わってるのか?

 浦和の守備になった時、マルティノスが前残りしてたシーンがあったんですが、大丈夫でしょうか?
 2-0で勝ってるんだから、守備やれよ!早くSBのフォローに行けよ!交代選手に役割伝えてる?交代で入った選手は自分の役割を理解してる?スコアとか試合の状況を理解してる?
 試合を見ながらエキサイトしちゃいました。大人げないですね(笑)


●他にも言いたいことは、たくさんある!

 あまり長文になるのもアレなんで、この辺で切ります。また次回以降のエントリーで、つらつら書いていきたいと思います。




大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村


応援してるクラブの戦術を知る