サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

浦和レッズ 2020年前半戦の総括

浦和レッズ 前半戦総括
~2020年 J1リーグ~

17試合:8勝3分6敗
勝ち点:27pt
得失点差:-7(得点24 失点31)

 
第1節 vs湘南(A) ○2-3
    得点者:興梠、レオナルド、関根

第2節 vs横浜M(H) △0-0

第3節 vs仙台(A) ○1-2
    得点者:レオナルド、興梠

第4節 vs鹿島(H) ○1-0
    得点者:エヴェルトン

第5節 vs FC東京(A) ●2-0

第6節 vs柏(H) ●0-4

第7節 vs横浜FC(A) ○0-2
    得点者:レオナルド、エヴェルトン

第8節 vs清水(H) △1-1
    得点者:レオナルド

第9節 vs名古屋(A) ●6-2
    得点者:レオナルド、レオナルド

第10節 vs広島(H) ○1-0
    得点者:レオナルド

第11節 vsガ大阪(A) ○1-3
    得点者:関根、レオナルド、武藤

第12節 vs神戸(H) ●1-2
    得点者:デン

第13節 vs大分(H) ○2-1
    得点者:レオナルド、橋岡

第14節 vsセ大阪(A) ●3-0

第15節 vs鳥栖(H) △2-2
    得点者:興梠、武藤

第16節 vs札幌(A) ○3-4
    得点者:杉本、杉本、槙野、柴戸

第17節 vs川崎(H) ●0-3



●4バックへの取り組み

 縦だけでなく横もかなりコンパクトにしてます。まずは「いちばん危険な中央はやらせない」というのを徹底してるのかな。優先順位としては正しいと思います。
 ただし失点はサイドからのクロスが多い印象。サイドアタッカーに対しては、SBが迷わず当たりに行って、SBが空けたスペースはボランチがカバーする。このことを体に染み込ませることが大事だと思います。


●攻撃はまだまだ

 ゴールは、レオナルドや興梠の個人能力頼み?ゴール前ではFWの個の力は大切だと思うので、個人的には余り気にしてません。
 むしろチャンスの数が少ないことが気になります。チームとして、どうやってボールを運ぶのか?チャンスを多く作るのか?という作業が進んでいないように思います。
 前線で決める選手はいるのだから、ゴール前までボールを運ぶ方法を構築することが急務と思います。


●補強はあるのか?

 コロナの影響でクラブの収入は大幅ダウン。新たな選手を獲得するのは難しいと思います。
 ただしボランチは探しておいて欲しい!で、エヴェルトンは1列前で使って欲しいです。エヴェルトンはボランチ「も」できる選手ですが、本来は2筋列目で力を発揮する選手だと思います。



※DAZNのダイジェストがはてなブログにアップされていない為、川崎戦のダイジェスト映像はナシとさせていただきます。



応援してるクラブの戦術を知る




大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村