サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

南野初ゴール!アーセナル VS リバプール DAZNゴールシーン映像付き

コミュニティ・シールド
アーセナル VS リバプール
(FA杯王者)  (プレミア王者)


⚫結果

アーセナル-リバプール
  1  前半  0
  0  後半  1
  1  合計  1
  5  PK  4

得点
12分 オーバメヤン(アーセナル)
73分 南野(リバプール)


まずは、DAZNの映像をご覧ください。

DAZNハイライト映像
アーセナル VS リバプール

クロップ監督のコメント「重要な一歩だ」


サッカー観戦がより楽しくなりました



「南野、来たぁぁーーーーーー!!」


と実況の絶叫がありましたね(笑)


⚫コミュニティ・シールドとは?

 プレミア・リーグ開幕前に開催される試合ですね。対戦カードは、プレミア・リーグ王者とFAカップ王者となります。
 日本では、Jリーグ王者と天皇杯王者が対戦する「ゼロックススーパーカップ」が開催されますね。

 ちなみに、天皇杯王者にはACLの出場権がありますが、FA杯王者にはヨーロッパCLの出場権はありません。FA杯王者はヨーロッパリーグ(EL)に出場します。
 なので組み合わせによっては、久保建英のいるビジャレアルとアーセナルが対戦。という可能性もあるわけです♪


⚫リバプールのスタメンと南野投入時の配置

【キックオフ時(4-1-2-3)】

FW: マネ    フィルミーノ   サラー
MF:    ミルナー  ワイナルデゥム
MF:      ファビーニョ
DF:ロバートソン ファンダイク J.ゴメス N.ウィリアムス
GK:       アリソン

 昨シーズン終盤から欠場していた、主将のヘンダーソンは復帰できず、ミルナーが中盤に。右SBのアーノルドも怪我とのことで、若手のネコ・ウィリアムが入りました。


【南野投入後(4-2-3-1)】

FW:       サラー
MF: 南野   フィルミーノ   マネ
MF:   N.ケイタ   ワイナルデゥム
DF:ロバートソン ファンダイク ファビーニョ J.ゴメス
GK:       アリソン

南野投入後はシステム変更。目的は…

1.前線の人数を増やすこと
2.サラーの守備負担を減らすこと

てところでしょうか。


⚫南野のゴールシーン

 最後は混線の中、こぼれ玉を押し込むような形になりましたが、サラーやフィルミーノと絡みながら…というプロセスを踏めたことが大きかったと思います。シュートはGKのポジションも確認して、落ち着いて打てていたと思います。
 ゴールシーン以外でも、周りとのコンビネーションが合ってきたかな?と思わせるシーンもあり、強く要求せずともパスを貰えてました。
 まだまだ改善の余地はあると思いますが、昨シーズンに比べると、周りも南野を理解してきてるし、南野もチームのやり方の理解が深まっているのではないでしょうか。


⚫南野の立ち位置

誰かの控えというわけではなくて「攻撃の四番手」的な立ち位置と、私は思ってます。この試合のように、南野を入れることで前線の形を変えて、攻撃に変化をもたらす。そして試合を動かす。これが南野の役割なのかなと。
あとは世界一過酷な日程のプレミア・リーグです。CLもあります。ターンオーバーも必要になりますので、南野にもスタメンのチャンスはあると期待してます。日本代表にとっても、南野がリバプールで出場時間を増やすことは重要なことですよね♪




大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村