サッカー定食の大盛り

浦和レッズの試合を中心にレビューしています。DAZNのダイジェスト映像付き♪

ルヴァン杯は準決勝で敗退/セレッソ大阪vs浦和レッズ

 ルヴァン杯はベスト4で終わりました。タイトル獲得への期待も高まってましたが、そんなに甘くないですね。
 仕事だったので、試合を見ることはできませんでした。なので内容に関しては、何も書けません。メンバーを見た範囲で、ちょっとした雑感を書ければと思います。


●ルヴァン杯準決勝2ndレグ

セレッソ大阪-浦和レッズ
   0 前半 0
   1 後半 0
-------------
   1 合計 0


スタメンはこんな感じでした。

FW     ユンカー
MF  江坂  小泉  関根
MF    伊藤  柴戸
DF 明本 ショルツ 岩波 西
GK      彩艶

 右SBは代表に行ってる酒井に代わって西。ボランチには柴戸と伊藤が並んで、平野はベンチスタート。最前線にはユンカーが入り、江坂が左SH。パッと目につくのはこんなところでしょうか。
 個人的には、江坂のSH起用は嬉しいですね。江坂はヘディングも強いし、可能性を感じるシュートを打ってるイメージがあります。シャドーストライカー的な役割もこなせると思います。
 試合を見てないので、どの程度機能したのかわかりませんが、機能すれば良いオプションになると思います。


【山中の復帰】

 この試合には、山中が途中出場したようですね。山中の復帰は大きいですね。あの左足は大きな武器になるし、セットプレーの可能性が広がると思います。
 山中の左足を活かすためにも、サイドを深くまでえぐってCKを取ったり、ドリブラーが仕掛けてFKを取ったり…今後は、ドリブルでの効果的な仕掛けも期待したいところです。


【ルヴァン杯準決勝進出は大きい】

 惜しくも、タイトル獲得はなりませんでしたが、準決勝まで勝ち上がったのは、大きな意味がありますね。彩艶の出場数を伸ばせました。
 一時期はリーグ戦にも出場数してましたが、今は西川がスタメンという形で落ち着いてます。GKは変えにくいポジションなので、彩艶にどうやって経験を積ませるか?という課題をクリアする意味でも、ここまで勝ち上がったのは大きいです。


【今後の課題】

 試合を見てないので、内容的な課題に触れることはできません。そこで、カップ戦を勝ち上がるためには?というテーマで話したいと思います。
 今大会、準々決勝ではフロンターレに勝ちました。厳密に言うと2分けでトータルスコアは並んでましたが、アウェーゴール数で勝ち上がりを決めました。
 そして準決勝の1stレグは、ホームで1対1の引き分け。打ち合いになれば良いですが、スコアレスが続くとプレッシャーがかかってくる。レッズにとっては、若干、不利な状況での2ndレグだったかもしれません。
 ホーム&アウェーによるトーナメントを勝ち上がる際は、アウェーゴールは重要です。

「アウェーゴールを取る」
「アウェーゴールを与えない」

このことを、しっかり認識してもらいたいし、この大会を通して体感できたと思います。ACLも同じレギュレーションです。小泉、明本、平野、伊藤、田中、大久保など、ACLを経験していない選手が増えました。
 ACLは未経験でも、ルヴァン杯を通してカップ戦の勝ち上がり方とか、勝ち上がるために重要なポイントみたいなことを経験できたことは貴重だったと思います。

 悔しい敗戦ですが、ポジティブな気持ちを持つことは忘れないように!下を向いてる暇はありません!すぐにリーグ戦が再開されます。

【【We Are REDS !!】】



最後に今後の試合情報です♪

●J1リーグ・第32節
浦和レッズ vs ガンバ大阪
日時:10/16(土) 15:00
会場:埼玉スタジアム2○○2


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村