サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

浦和レッズvs大分トリニータ~試合の展望~

 ルヴァン杯で大きくメンバー変更をしつつ、勝利を収めた浦和レッズ!連戦でキツイ日程が続きますが、選手を入れ替えつつ乗り切って欲しいですね♪
 そして週末はリーグ戦です。相手は大分トリニータ。前節の柏戦を、DAZNの見逃し配信で観戦しました。まずは、DAZNのダイジェスト映像からご覧ください♪


●DAZNダイジェスト映像とスコア

2021年・J1リーグ第10節
大分トリニータvs柏レイソル


大分トリニータ-柏レイソル
    0 前半 0
    0 後半 1
--------------
    0 合計 1


【大分の成績】

 柏戦を終えて9試合を消化。1勝2分6敗で勝ち点5。順位は18位ですね。尚、柏に負けたことで、大分は6連敗となってしまいました。対してレッズは10試合を消化して、4勝2分4敗で勝ち点14。順位は10位。


【ミラーゲームになった柏戦】

 柏との試合はお互いに 3-6-1 というミラーゲームでした。お互いに1トップなので、ビルドアップの際には2CBの形を作る、ミシャ式を使ってるような感じでしたね。
 ただ、ビルドアップが上手く行っていたかというと、そこは疑問で、むしろ最終ラインの坂選手からのロングボールの方が、可能性を感じました。
 守備面も、プレスが上手く行っていたかというと、これも疑問で、むしろ撤退して 5-4-1 のブロックを作って守る時間が長かったように思います。きっと不本意なんでしょうね。
 どちらにしても、ちょっと苦労してるな…という印象があり、実際にチーム成績に表れていると思います。


【浦和の3バック対策】

 苦労してる印象の強い大分ですが、だからと言って「浦和の楽勝♪」でしょうか?ポイントは3バック対策になるのかな?と思います。
 大分は、WBに高いポジションをとらせることで、浦和の4バックに対して数的優位を作ろうとしてくるのかな?と思います。この辺はミシャ式をを知ってる方はイメージしやすいと思います。


1.大分の攻撃に対する対応

 浦和の対応策としては、大分のWBに対して、浦和のSHが下がって守備をするというのが1つ。もう1つは、SHからSBへマークを受け渡し、WBに対してはSBが対応。CBとSBの間のスペースはボランチが下がって埋める。大きく分けると、この2つが対応策になるのかな?と思います。もちろん、状況によって対応は変わると思いますが…
 いちばん良いのは、前からのプレスをはめてしまうのがベスト。大分がミシャ式でビルドアップしてくるなら2トップ。大分が3バックを維持してビルドアップしてくるなら、3トップ。大分のビルドアップの形に合わせて、前線の形を変える「臨機応変さ」が必要になりそうです。


2.大分の守備に対する対応

 大分のプレスを剥がすことはできるかな?と個人的には思ってます。問題は大分に引かれた時でしょう。
 大分は撤退守備の際には、5-4-1 のブロックを作ってきます。セレッソ戦で見られたような、CBとSBの間のスペースを突いて…という攻撃は通用しません。最終ラインが5人いるので、スペースもないでしょう。今の浦和に5バックを攻略できるのか?
 ポイントは、セットプレーとカウンター。ポゼッションから崩すとすれば、大外からの侵入になると思います。関根辺りがサイドで仕掛け、WBをかわして、ストッパーをサイドに引っ張り出す。こんなシーンを多く作れれば…


3.システムのミスマッチを生かせるか?

 総じて言えば、3バックと4バックなのでミスマッチは起こり得ます。そのミスマッチをどちらが生かすか?ここが最大のポイントかと。浦和としては、開幕3戦目に対戦した、札幌戦が参考になるのかな?と思います。


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

セレッソ大阪 vs 浦和レッズ・結果~DAZNダイジェスト映像付き~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第10節
セレッソ大阪vs浦和レッズ
DAZNダイジェスト映像

セレッソ大阪-浦和レッズ
    0 前半 0
    1 後半 0
--------------
    1 合計 0


スタメンはこんな感じでした。

FW      武藤
MF 明本 伊藤(敦) 小泉 関根
MF      柴戸
DF  山中 槙野 岩波 西
GK       西川


この試合の展望を書いた記事はこちら♪


【勝てた試合だった】
 
 前半は完全にレッズのペース。セレッソは防戦一方でした。レッズのプレスがはまり、セレッソはボールを前に運ぶことができませんでした。レッズは、何度もセレッソのゴール前に迫り、シュートチャンスを作りました。
 ところがチャンスの割には、決定的なチャンスというのは少なかったのかなと。その原因は、サイドの深い位置まで侵入する回数が、少なかったからと思ってます。
 中継の中でも言われてましたが、マイナスのクロスという意思は感じましたが、もう少し深い位置まで侵入できたら、もっと近い距離からシュートを打てたかもしれません。
 とは言えセレッソの守備も固く、特に裏のスペースへのケアと、中央をしっかり締めてました。フロンターレなら崩せるかもしれませんが、今のレッズには難易度が高かったと、個人的には思ってます。


【後半の決定機】

 後半の攻撃に関しては、非常に可能性を感じました。前半に比べて、サイドの深い位置まで侵入できてました。そして中継の中でも言われてましたが、ペナルティエリアに入った辺りから、クロスを入れることができてました。
 私が、ずっと言い続けていた「ハーフスペースへの侵入」ができていたので、非常に嬉しかったです♪あそこまで行けば「あとは決めるだけ」と言えると思います♪
 ハーフスペースへの侵入という意味では、西の存在は大きいですね。インサイドでプレーできる西と、大外で幅をとってドリブルで仕掛ける関根。ざっくり言うと、西が使う側で関根が使われる側。お互いに良い補完関係になってると思います。


【今後に向けて】

 内容的に無得点で終わる試合ではなかったと思ってます。ただ無得点で終わったってことは、足りない部分があったから。その足りない部分は「興梠」だと思ってます。
 いや!興梠を責めるとか、そういうことではないです。最前線で、相手のCBと駆け引きをする部分は、やはり興梠じゃないと!また、相手のDFに与えるプレッシャーというか、怖さという点でも、レッズの中では興梠がNo.1でしょう。その興梠が45分間プレーしたというのは、大きな収穫だと思います。
 もちろん、コンディションや試合勘はまだまだ!だと思いますが、興梠ほどの選手であれば、その辺は時間の問題だと思います。
 悔しい結果に終わった試合でしたが、選手もサポーターも下を向いてる暇はありません!課題は課題として取り組みながら、前へ進みましょう!


【次の試合】

 最後に次の試合情報です♪

●YBCルヴァン杯/グループステージ第3節
横浜FC vs 浦和レッズ
日時:4/21(水) 19:00 キックオフ
会場:ニッパツ三ツ沢球技場

●J1リーグ第11節
浦和レッズvs大分トリニータ
日時:4/25(日) 16:00 キックオフ
会場:埼玉スタジアム2○○2


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

試合の展望⭐セレッソ大阪vs浦和レッズ

 明日はセレッソ戦ですね。例によって、対戦相手のスカウティング?ということで、セレッソ大阪の試合を見ました。
 見たのは、水曜日に行われた徳島戦になります。まずは、DAZNのダイジェスト映像から♪


●DAZNダイジェスト映像とスコア

2021年・J1リーグ第18節
セレッソ大阪vs徳島ヴォルティス

セレッソ大阪-徳島ヴォルティス
    1 前半 1
    0 後半 1
--------------
    1 合計 2


●セレッソの成績

 徳島戦を終えて11試合を消化。5勝2分4敗で勝ち点17。順位は6位ですね。対してレッズは9試合を消化して、4勝2分3敗で勝ち点14。順位は10位。尚、セレッソが試合を多く消化のは、ACLの関係ですね。
 尚、ロッティーナ監督に代わり、今シーズンからクルピ監督が就任してます。


●セレッソ大阪の攻撃

 徳島のプレスに、やや苦労していたように思います。レッズも前からのプレスが機能すれば、主導権を握る時間が長くなるかな?と思います。
 プレスを機能させるには、DFラインを高く設定する必要があります。その分、DFラインの裏には広大なスペースが広がるので、ロングボールからのカウンターには要注意ですね。特にレッズは、SBが高いポジションを取るので、SB裏のリスクマネジメントが最も大切になると、個人的には思ってます。
 あとはロングスローに要注意ですね。藤田選手って鳥栖にいましたよね?鳥栖時代からロングスロー有名なロングスローの使い手だったと思います。山なりのボールじゃなくて、ライナー性のボールを投げ込んで来るので、本当に怖い。タッチラインの外にクリアする際には、なるべく遠くに蹴りたいところです。


●セレッソ大阪の守備

 監督が代わり、チームの構築をしてる最中だと思います。完成度という点では、徳島が上だったかなと。いちおう!前からのプレスに行こうとしますが、徳島の選手のポジショニングが良くて、選手間のスペースにパスを通されるシーンが見られました。なので、小泉とか武藤に期待してます。
 プレスの機能性は、決して高くないと思いましたが、撤退する時は撤退する割り切りはありましたし、その意思統一はできていたと思います。
 総合すると、レッズは中盤ではボールを持てるかなと。問題は、アタッキングサードに入った後。ワンタッチプレーやフリーランニング、個の仕掛けなんかが大事になりそうです。
 

●セレッソの要注意選手

 レッズが1週間空いたのに対して、セレッソは中3日。どのくらいメンバーを代えてくるかわかりませんが、清武選手には注意したいですね。スタートポジションは左SHですが、攻撃になると、中央や左のハーフスペースなどにポジションを移してプレーします。マークの受け渡しは、しっかりもしたいところですね!
 ちなみに、昨シーズン痛い目に合った坂元選手は怪我で離脱してるそうです。
 最後に、絶対に触れておきたい選手。個人的には、天敵というレベルで警戒してるのは大久保選手です。徳島戦では、前半だけで退いてましたが、何度も痛い目に合ってる選手なので…

 チームの完成度はレッズ同様、高めてる最中だと思いますが、各ポジションに能力の高い選手が揃ってるな~という印象を持ちました。
 

セレッソ大阪vs浦和レッズ
試合結果の記事はこちら♪


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村