サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

興梠と西の復帰が明るい材料 ~浦和レッズvs柏レイソル/ルヴァン杯第2節~

 なかなか結果が出ない浦和レッズ。リーグ戦は6試合を消化して、1勝2分け3敗の勝ち点5。いい形で代表ウィークに入りたかったところですが、川崎に0対5で大敗!
 そんな中で迎えた、ルヴァン杯第2節の柏戦ですが、仕事の都合で観れませんでした。なので試合内容的には触れず、メンバーのことを中心に書いていきたいと思います。


●スコアとスタメン

浦和レッズ-柏レイソル
   0 前半 0
   0 後半 1
----------
   0 合計 1


スタメン

FW   杉本 興梠
MF 伊藤(涼)   田中
MF  柴戸  伊藤(敦) 
DF 明本 槙野 岩波 西
GK     彩艶

 スタメンはこんな感じだったようですね。注目は、怪我で離脱していた興梠と西が復帰したこと。明本が左SBで起用されたことでしょうか。


●興梠の復帰

 まずは興梠の復帰に触れずにはいられません。やっと「浦和のエース」が戻ってきました。試合を観てないのでプレー内容はわかりませんが、興梠の復帰は本当に大きいです。

1.ボールの収まり所が増える

 今後はわかりませんが、この試合では杉本と2トップだったようです。今までは、杉本1人に頼らざるを得なかったポストプレーですが、興梠が入ることで、ボールの収まり所が2ヶ所になります。
 相手DFは的を絞りづらくなるので、よりボールを収めやすくなりそうです。

2.裏のスペースへの抜け出し

 レッズが得点力不足に陥ってる原因は決定力不足ではなく、「決定機の不足」だと思ってます。私の印象ですが、1試合での決定機は、2回程度ではないでしょうか?毎試合得点を取るなら、決定機は3~4回作りたいところ。
 で、決定機が少ない要因は「裏への抜け出し」が足りないからだと思ってます。
 杉本はボールを収めるために、かなり低い位置まで下がってプレーすることが多くなってました。プレーエリアのヒートマップを見ると、まるで中盤の選手のようです。それは構わないのですが、杉本が下がって受けるなら、代わりに裏を狙う動きをする選手が必要です。ですが、その適任者がいなかったんですよね~
 ということで、興梠の出番です!興梠の裏への抜け出しは絶品です。相手DFに、後ろ向きで守備をさせる機会を増やすことができれば、自ずと決定機の数は増えると、私は思ってます♪


●西の復帰

1.宇賀神と西の違い

 単純に宇賀神の本職は左サイドで、西は右サイドが本職ですよね。もう少し深く突っ込むと、宇賀神はアウトサイドでプレーすることが得意で、西はアウトサイドとインサイドの両方でプレーできる。という違いがあると思います。


2.宇賀神が起用される場合

 2人の違いがどのような影響をチームに与えるのか、具体的に考えてみましょう。
 まず宇賀神か起用される場合ですが、得意なプレーエリアはアウトサイドです。具体的に言えば、攻撃時にタッチライン際をオーバーラップします。なので、右SHの選手はインサイドでのプレーがメインになります。明本とか武田なんかは、宇賀神と相性の良い選手と言えると思います。
 逆に田中達也とか関根のように、ドリブルで縦に突破するタイプの選手とは、得意なエリアが被ってしまいます。もちろん、関根なんかはインサイドでもプレーできると思いますが「突貫小僧」的なプレーがやりづらくなります。
 お互いが得意なエリアでプレーしたら、お互いのスペースを消し合うことになりますし、スペースを消し合わないためには、どちらかが得意じゃないエリアでプレーすることになります。
 宇賀神が起用される場合については、こんなところでしょうか。


3.西が起用される場合

 西は右サイドを主戦場にしてるだけでなく、アウトサイドとインサイドの両方でプレーできます。タッチライン際から追い越していくオーバーラップと、内側を追い越すインナーラップ。
 右SHに明本や武田が起用されたら、西はアウトサイドでのプレーをメインにすることで、明本や武田は彼らが得意なインサイドてプレーできます。
 逆に、田中や関根のようなウィングタイプの選手が右SHで起用された場合、西がインサイドでのプレーをメインにして、インナーラップを仕掛けます。すると相手のDFは中心に絞らざる
得なくなります。相手のDFが中央に絞れば、サイドにスペースができます。サイドにスペースができれば、田中や関根はドリブルて仕掛けやすくなります。
 もちろん、こんなに上手くいくとは限りませんが、理屈の上では上記のような現象が起こりやすくなると言えるでしょう。


●次の試合は鹿島戦

 代表ウィークが明けると、待っているのは鹿島戦です。順位とかチーム状態抜きに、負けたくない試合です!西のクロスから興梠のゴールなんて得点を見たいですね!


大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

東京オリンピックの目標って?

 日本代表に続いて、五輪代表の試合がありました。結果は、A代表とは対照的に、アルゼンチン代表に0対1で敗れてしまいました。仕事の都合で試合を観れなかったのですが、観れなかったなりに、書いていきたいと思います。


●スコア

日本代表-アルゼンチン代表
  0 前半 1
  0 後半 0
----------
  0 合計 1


●メンバーについて

 アルゼンチン戦は五輪本番に向けた強化試合という位置づけですね。本番に向けて選手選考も大詰めを迎えていることでしょう。
 本番の登録選手18名に対して、今回は23名の選手が召集されてました。なので選手目線で考えると「チームのために」というより「代表に残りたい!」という気持ちが勝ってた選手もいたかもしれません。
 今回はA代表に召集された冨安とか、怪我で辞退した堂安もいます。コロナウィルスの影響で呼べなかった選手もいそうですよね。浦和レッズからシント・トロイデンに移籍した橋岡も呼ばれてません。更にOA枠も使うとなったら、下手したら10名近くが落選してしまいます。
 そういう意味では難しい試合だったかもしるないですね~


●オリンピックの目標

 ところで、東京五輪の目標って何でしょうか?金メダル?メダル獲得?W杯もそうなんですが、JFAから明確に発信されないんですよね~私が情弱なだけだったらスミマセン。
 かつてジョホールバルの闘いが、なぜあんなに盛り上がったのか?それはW杯出場が、至上命題だったからだと思うんですね。「大きな目標」があったので「W杯出場」を基準に考え、途中経過の評価もすることができました。スポンサーが余計な口出しをする余地もなかったでしょう。もちろんコンテンツとしての日本代表の価値が、今とは違うという側面もあったかもしれませんが…

 今回の東京五輪も、森安監督がなんとなく「金メダル」的な発言をしてますが、田島会長から明確な発信があったでしょうか?
 金メダルが目標なら、この日のアルゼンチンには勝たなくちゃいけません。勝てないまでも「内容的には互角にやれてたよね♪」という評価が欲しいところです。メダル獲得が目標なら、もっと違う見方があると思います。
 テスト勉強に例えたら、100点を目指すなら猛勉強が必要だし、70点が目標なら、そこそこの努力でもいいですよね。

 いろいろと、大人の事情があるのかもしれませんが、「目標はメダル獲得。至上命題はベスト8」と明確に発信してくれると、応援する側も…

「順調に強化できてるな」
「これじゃ、ダメでしょ」

とか言いやすいんですけどね~
 

サッカー・日本代表のブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 

収穫はボランチ!課題は五輪世代の融合?~日本代表vs韓国代表~

 日本代表の試合が、日産スタジアムで行われました。日本国内での開催は久しぶりでしたね~
 結果は3対0で日本代表の勝利となりました。個人的には、ソン・フンミンの不在が残念でした。トッテナムでバリバリの主力を張ってる彼と、日本のDF陣がどれだけやり合えるのかを見たかったです。


●スコアとスタメン

日本代表-韓国代表
  2 前半 0
  1 後半 0
----------
  3 合計 0


日本代表スタメン

FW      大迫
MF  南野  鎌田  伊東
MF    守田  遠藤
DF 佐々木 冨安 吉田 山根
GK      権田

 スタメンはこんな感じでした。呼べるメンバーでベストな布陣を組んだという感じでしょうか?


●ボランチの組み合わせ

 私が最も注目したのはボランチです。今までは、柴崎と遠藤がファーストチョイスのように見えました。柴崎の守備はどうなのかな~?と思ってたので、遠藤と守田の組み合わせは楽しみでした。
 結果から言うと、よかったと思います。細かいことを言ったらキリがありませんが、やはり守備面は、柴崎に比べると安心して見ていられます。攻撃に関しても、あれぐらい縦に入れることができれば、充分ではないでしょうか。
 もちろん、引いた相手を崩せるのか?アタッキングサードでのアイディアは?とかエクスキューズはありますが、そういう展開になったら柴崎の出番だと思います。その辺は相手によって使い分ければ良いし、この試合でのボランチの組み合わせは、日本代表にとって収穫になったと思います。


●CBは試さなくていいのか?

 逆にCBに関しては、試さなくてよかったのかな?と思いました。吉田と冨安が鉄板なのはわかります。ある意味、ボランチが新たな組み合わせにトライしてたので、CBをいじるのはどうなのか?という考え方もあると思います。
 とは言え、今さら吉田と冨安をフル出場させるんですか?と思ってしまいました。この試合は親善試合です。いわば練習試合です。

●東京五輪世代の融合

 仕方ないと言えば仕方ないのですが、今回のチームに東京五輪世代はいません。本来なら去年、東京五輪が終わって、五輪代表メンバーの中からA代表へステップアップする選手が出てきて融合させていく。そういうプランだったと思うんですね。そのプランが崩れてます。
 もちろん、コロナウィルスの影響なので仕方ないし、どの国も同じような状況だと思います。堂安や久保はもちろんのこと、川崎フロンターレの田中碧や旗手も有力な選手だと思います。
 難しい状況下だと思いますが、W杯最終予選に入る前に、試す機会が訪れてくれることを願ってます。もちろん、全員がバリバリの主力になれるかと言われると、そんな甘くはないと思います。ただ、途中出場で流れを変えたり、相手に傾いた流れを止められる。そういう選手になる可能性は、充分に秘めてると思います。
 サッカーは、スタメンの11人だけでやるスポーツではありません。ベンチにいるメンバーも重要です。ロシアW杯でベルギーに負けたことで、そのことを学んだと思います。高い授業料でしたが、高い授業料を払った分だけの成果が出ることを期待してます!


サッカー・日本代表のブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村