サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

サガン鳥栖 VS 浦和レッズ ~起用されなかったレオナルド~

J1リーグ第21節
サガン鳥栖 VS 浦和レッズ
スタジアム:駅前不動産スタジアム


⚫結果

サガン鳥栖-浦和レッズ
  0  前半  0
  0  後半  1
--------------
  0  合計  1

得点
90+3分 汰木(浦和)


⚫両チームのスタメン

サガン鳥栖
FW    ロペス 石井
MF 小屋松       樋口
MF   松岡     梁 
DF 大畑  内田  原  森下
GK      高丘

浦和レッズ
FW    興梠  武藤
MF  関根     マルティノス
MF   エヴェルトン 柏木
DF 宇賀神  槙野  岩波  橋岡
GK       西川


⚫2トップの組み合わせ

 この試合は、興梠と武藤の2トップでした。なんだかんだで、この2人の2トップがいちばんしっくりきます。興梠のボールの収まりはさすがだし、武藤は神出鬼没の動きでパスを引き出します。
 何よりも、興梠がやりやすそうにプレーしてるのは気のせいでしょうか?この2人に足りないのは、高さと若さかな(笑)
 

●レオナルドが起用されていない

 この試合、レオナルドが起用されませんでした。前節は途中出場だったので、スタメンを期待した方もいたと思います。個人的には、興梠がスタメンならレオナルドはベンチスタートがいいと思ってます。

 まずは興梠が「らしさ」を失うこと。レオナルドに気を使ってるのか、中盤に降りたりサイドに流れるプレーか増え、ゴール前で勝負する興梠本来の持ち味が半減してるように見えます。

 そして根本的な部分ですが、チームのコンセプトは「良い守備から良い攻撃に繋げる」だったと思います。このコンセプトに照らし合わせると、興梠とレオナルドの組み合わせだと前線からの守備が物足りない。特にGKまで寄せるレオナルドのプレスは「???」です。
 GKまで寄せて利き足と逆の足で蹴らせるとか、工夫が見られればいいのですが、ちょっと特攻に近いプレスに見えます。レオナルドに対して、大槻監督がどんなタスクを与えてるのかわかりません。ですが、GKまで寄せるより、ボランチへのパスコースを切りながらCBに寄せるとか、もっと別のタスクを優先して欲しいと思ってます。
 

●得点力不足の原因は?

 レオナルドを批判するようなことを書いてしまいましたが、レオナルドを責めてるわけではありません。ここまで9ゴールは立派な数字ですし、レオナルドのゴールがなかったら、もっと下位に低迷していたかもしれない。
 ただ、昨シーズンの得点力不足はFWの決定力に問題があったのか?ということです。チャンスを決めきれなかった。という分析ならFWの補強という答えに行き着くでしょう。私の感覚では、チャンスの数が少なかったように思うので補強ポイントは中盤だったと、今でも思ってます。


●コンセプトに合った補強?

 それでもFWの補強が必要と判断したなら、もっと守備のできるFWを探してくるべきだったかと。「良い守備が良い攻撃へ」がコンセプトなわけですから。
 例えば、ハイプレスが代名詞のクロップ監督がメッシを必要としますか?って話です。大槻監督の言葉を聞いてると、高い位置でボールを奪い、攻撃に繋げていきたい。と考えているように思います。
 高い位置でポールを奪いたいなら、FWの適切なプレスは必須ですし、場合によってはプレスバックによって中盤を助ける必要もあります。レオナルドは、そういうタイプの選手じゃないと思うんですよね。
 と文句ばかり言っても仕方ないので、レオナルドを起用するなら、運動量豊富な武藤とセットで使うとか、サイドに長澤を使うなど、守備の担保をした上で起用するのが、現段階でのベターな答えなのかなと思います。



大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村


応援してるクラブの戦術を知る

浦和レッズ VS 名古屋グランパス レビュー~DAZNハイライト映像付き~

J1リーグ第節
浦和レッズ VS 名古屋グランパス
スタジアム:埼玉スタジアム

DAZNハイライト映像


⚫結果

浦和レッズ-名古屋グランパス
  0  前半  0
  0  後半  1
--------------
  0  合計  1

得点
54分 金崎(名古屋)


⚫両チームのスタメン
 (中継開始時のDAZNの表記です)


浦和レッズ
FW      興梠  杉本
MF  関根     マルティノス
MF   長澤   エヴェルトン
DF 宇賀神  槙野  デン  橋岡
GK        西川


名古屋グランパス
FW       金崎
MF 相馬    前田  マテウス
MF   米本     稲垣 
DF 吉田 丸山 中谷 オ・ジェンソク
GK     ランゲラック


⚫10分 興梠シュート
 42分 マルティノスPK?
 54分 失点


●マルティノスのスタメン

 この試合、マルティノスが右SHでスタメン起用されました。この起用は大槻監督の「何かを変えたい!」という意思の表れかもしれません。
 これまで、右サイドは長澤とか武藤、柏木が起用されてきました。中に入って周りと絡みながらプレーするタイプですね。それに対してマルティノスは、ドリブルで仕掛けて個の力で局面を打開するタイプです。
 この起用は吉と出たのか?凶と出たのか?


●マルティノス起用のメリットとデメリット

 まずは10分のシーン。マルティノスが右サイドを突破し、ゴール前にクロスを入れます。ボールは、ニアに走り込んだ杉本の後ろを通過し興梠の所へ。興梠の見事な反転からのシュート!これは名古屋のGK・ランゲラックのファインセーブに阻まれました。
 あの突破は橋岡にはできないものですし、個の力で打開できる選手を右サイドに起用したメリットがあったシーンと思います。

 続いて42分のシーンです。マルティノスが右サイドを突破し、ペナルティエリアに侵入した際、名古屋の吉田選手に倒されたか?と思われたシーンです。結果、マルティノスが自分から飛んだと判断され、PKを獲得できませんでした。
 あの突破は見事でしたが、あそこはプレーを続ける姿勢を見せて欲しかったところです。そういう姿勢を見せれば、逆にPKを取れたかもしれません。
 あの突破はマルティノス起用のメリットでしてが、自分から飛んだ(少なくとも審判にはそう見えた可能性あり)プレーは…?

 最後に失点シーンですが、見事に失点に絡んでしまいました。失点に絡むことは誰にでもあるので仕方ないと言えば仕方ない。ただ失点シーン以外にも、無理なタックルで余計なファールをしてしまい、名古屋にフリーキックを与えてしまった場面もありました。

 印象に残ったシーンを並べてみましたが、やはり攻撃面ではメリットがありますが、守備の面では怖い部分もあります。
 とは言え、どんな選手にも得意・不得意があるので、マルティノスだけを責めるわけにはいかないと思います。


●右サイドの攻撃

 マルティノスが右の大外にポジションをとると、必然的に橋岡の攻撃参加が少なくなります。その分、インサイドにはボランチが攻撃参加すればいいと思います。
 この試合の場合はエヴェルトンですかね。攻撃のスキルに関しては、橋岡よりエヴェルトンの方が上なので、効果的かと。又、橋岡のオーバーラップの回数が減れば、シーズンを通した橋岡のスタミナという意味でも効果的だと思います。
 もちろん、橋岡は攻撃の選手をするな!という話ではなくて、マルティノスが外に張ったらエヴェルトンがハーフスペースを使う。マルティノスが中に入ったら、橋岡が大外をオーバーラップする。という使い分けができるのがベストだと思います。


 代表戦が入りますし、リフレッシュする時はリフレッシュして、修正する所は修正して次に向かって欲しいと思います。



大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村


応援してるクラブの戦術を知る

浦和レッズ VS FC東京 ~DAZNダイジェスト映像付き~

J1リーグ第29節
浦和レッズ VS FC東京
スタジアム:埼玉スタジアム

DAZNダイジェスト映像



⚫結果

浦和レッズ-FC東京
 0  前半  1
 0  後半  0
-----------
 0  合計  1

得点
37分 永井(FC東京)


⚫両チームのスタメン
 (中継開始時のDAZNの表記です)


浦和レッズ
FW    興梠  武藤
MF  汰木      長澤
MF   柴戸    柏木
DF 宇賀神 槙野 デン 橋岡
GK      西川


FC東京
FW      永井
MF 安部  レアンドロ  田川
MF  アルトゥール   三田
DF 小川  森重 渡辺  オ・ジェソク
GK       ランゲラック


⚫ポールを持てたけど

 立ち上がりからボールは持ててたし、良いリズムでパスが繋がっていたと思います。柏木が降りてボールを引き出していた辺りは、柏木をスタメンで起用した意味はあったのかな?
 ところが、いいリズムの間に先制点を取れない。それどころか、ミスから先制されてしまう始末。いいリズムの時に先制できない原因は?決定力不足ならまだいいのですが、決定力以前の問題のように思います。
 ビルドアップの時に、最終ラインからのドリブルでの持ち運びが足りないように思うし、ボールを持っていない選手の足が止まっていることが散見されます。
 カウンター時も、サイドに向かってフリーランニングをする選手がいない為、相手の守備を広げることができていません。

 チームとして共有できていないように見えることが気になります。「サイドバックが足りない」とか「ボランチを補強すべき」という声も挙がるかと思います。てすが、今いる選手で共有すべきことができていない中に、新しい選手を入れても、その選手は力を発揮できるでしょうか?
 過密日程の中で戦術面を詰めるのは難しいと思いますが、優先順位をつけて1つ1つ整備していくことを期待してます。


●選手交代について

 66分、長澤に代わってマルティノスが投入されました。ビハインドなので攻撃の選手を投入するのはわかります。でも、FC東京の守備陣にスペースはありませんでした。むしろ渋滞してました。あんなスペースがない状況でマルティノスを投入しても、力を発揮するのは難しいでしょう。
 もしくは、サイドにスペースを作るやり方…例えば左サイドでボールをキープし、右サイドにスペースを作って、素早くサイドチェンジとか。
 選手個々の能力は高くても、その能力を引き出す指示がベンチから出てないのか?ベンチから指示は出ていても、選手が実行できていないのか?


●柏木のボランチ起用について

 この試合を見た範囲では、個人的には「ナシ」と思います。かなり自由に動いていたし、また自由を与えることで力を発揮する選手ですし。
 4バックでダブルボランチというシステムを使って、ボランチの1枚にあそこまで自由にプレーさせるとしたら、コンビを組むもう1人のボランチやセンターバックに、かなりスーパーな選手を起用しないと、バランスを保てなくなると思います。
 柏木の特徴や周りの選手の能力を考えると、4-2-3-1のトップ下での起用が、柏木の能力を引き出すという意味では良いのかな?その場合、1トップが機能するか?という新たな課題も出てきそうです。



大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村


応援してるクラブの戦術を知る