サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

2021年J1リーグ日程~浦和レッズ・3ヶ年計画の2年目~

 J1リーグの日程が発表されましたね。浦和レッズの日程のポイントをまとめてみました。


●開幕戦がホームで最終戦がアウェイ

 例年とパターンが違いますね。開幕戦かホームなのは、2007年以来。ちなみに相手は、開幕戦がFC東京。最終戦が名古屋グランパス。


●駒場開催がある

 東京オリンピックで埼スタを使用する関係で、駒場開催が組まれています。開催できるか?できないか?は、もちろん別問題ですが。
 駒場開催は24節の鳥栖戦と26節の広島戦の予定。特に、鳥栖と駒場で対戦するのは胸熱です。J2を闘った、2000年の最終回を思い出す方もいらっしゃるかもしれませんね♪


●例年より日程はキツそう

 水曜開催が6試合。フライデーナイトマッチが2試合組まれています。他、ルヴァン杯や天皇杯も入ってくるので、昨年ほどではないにしろ、日程はキツくなりそうです。
 今シーズンのJ1は20チームで闘うので、リーグ戦の試合数も4試合多いですしね。


【【3ヶ年計画の2年目】】

 3ヶ年計画を掲げてる浦和レッズですが、今シーズンの日程は好ましくないかもしれませんね。まず、オリンピックの開催がどうなるか予断を許さない状況です。 
 さらに監督が代わり、新加入の選手もかなりいます。シーズンが始まってから戦術的な修正をする時間は取りにくいかと。
 いくらキャンプで仕上げても、練習と公式戦は別ものだし…クラブはACLの出場権獲得を目標と掲げてますが、どうなるでしょうか?リーグ戦3位以内はキツイ気がします。
 リカルド・ロドリゲスの戦術が浸透し始めるシーズン後半から結果が出始める。結果が出始めた頃に天皇杯が始まり、天皇杯優勝でACLの出場権獲得。
 この方が現実的かもしれません。

 個人的には、ACLの出場権に固執するより、ルヴァン杯を上手く闘って欲しいと思ってます。昨シーズン、若手の成長をうながせたか?と言えば、上手く行かなかったと思います。
 様々な要因があると思いますが、ルヴァン杯の早期敗退も大きな要因の1つでしょう。前身のナビスコ杯では、坪井、達也、長谷部、元気がニューヒーロー賞を獲得し、代表まで登りつめました。
 特に、2002年・坪井、2003年・達也、2004年・長谷部と、3年連続でニューヒーロー賞を輩出した後に、リーグ優勝やACL優勝を成し遂げています。
 ルヴァン杯を勝ち進むことで、若手の出場機会を増やすことができます。クラブは、その辺も考慮して目標設定して欲しいですね。


★2021年J1リーグ 試合日程

第1節
浦和レッズvsFC東京(H)
2/27(土) KICK OFF 14:00
埼玉スタジアム2002

第2節
サガン鳥栖vs浦和レッズ(A)
3/6(土) KICK OFF 15:00
駅前不動産スタジアム

第3節
浦和レッズvs横浜FC(H)
3/10(水) KICK OFF 19:30
埼玉スタジアム2002

第4節
横浜F・マリノスvs浦和レッズ(A)
3/14(日) KICK OFF 13:00
日産スタジアム

第5節
浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌(H)
3/17(水) KICK OFF 19:30
埼玉スタジアム2002

第6節
浦和レッズvs川崎フロンターレ(H)
3/21(日) KICK OFF 15:00
埼玉スタジアム2002

第7節
浦和レッズvs鹿島アントラーズ(H)
4/3(土) KICK OFF 15:00
埼玉スタジアム2002

第8節
清水エスパルスvs浦和レッズ(A)
4/7(水) KICK OFF 19:00
IAIスタジアム日本平

第9節
浦和レッズvs徳島ヴォルティス(H)
4/11(日) KICK OFF 16:00
埼玉スタジアム2002

第10節
セレッソ大阪vs浦和レッズ(A)
開催日:調整中
KICK OFF :調整中
会場:調整中

第11節
浦和レッズvs大分トリニータ(H)
4/25(日) KICK OFF 16:00
埼玉スタジアム2002

第12節
アビスパ福岡vs浦和レッズ(A)
5/1(日) KICK OFF 14:00
ベスト電器スタジアム

第13節
浦和レッズvsベガルタ仙台(H)
5/9(日) KICK OFF 16:00
埼玉スタジアム2002

第14節
ガンバ大阪vs浦和レッズ(A)
5/16(日) KICK OFF 17:00
パナソニック スタジアム 吹田

第15節
浦和レッズvsヴィッセル神戸(H)
5/22(土) KICK OFF 16:00
埼玉スタジアム2002

第16節
サンフレッチェ広島vs浦和レッズ(A)
5/26(水) KICK OFF 19:00
エディオンスタジアム広島

第17節
浦和レッズvs名古屋グランパス(H)
5/30(日) KICK OFF 18:00
埼玉スタジアム2002

第18節
浦和レッズvs湘南ベルマーレ(H)
6/20(日) KICK OFF 19:00
埼玉スタジアム2002

第19節
柏レイソルvs浦和レッズ(A)
6/23(水) KICK OFF 19:00
三協フロンテア柏スタジアム

第20節
浦和レッズvsアビスパ福岡(H)
6/27(日) KICK OFF 19:00
埼玉スタジアム2002

第21節
ベガルタ仙台vs浦和レッズ(A)
7/3(土)
KICK OFF 19:00
ユアテックスタジアム仙台

第22節
大分トリニータvs浦和レッズ(A)
7/10(日) KICK OFF 19:00
昭和電工ドーム大分

第23節
北海道コンサドーレ札幌vs浦和レッズ(A)
8/9(月・祝日)
KICK OFF 15:00
会場:調整中

第24節
浦和レッズvsサガン鳥栖(H)
8/14(土) KICK OFF 19:00
浦和駒場スタジアム

第25節
徳島ヴォルティスvs浦和レッズ(A)
8/21(土) KICK OFF 19:00
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

第26節
浦和レッズvsサンフレッチェ広島(H)
8/25(水) KICK OFF 19:00
浦和駒場スタジアム

第27節
湘南ベルマーレvs浦和レッズ(A)
8/29(日) KICK OFF 19:00
レモンガススタジアム平塚

第28節
横浜FCvs浦和レッズ(A)
9/10(金) KICK OFF 未定
ニッパツ三ツ沢球技場


※第29節以降の開催日、キックオフ時刻、会場について未定箇所あり(8月下旬に発表予定)。


第29節
浦和レッズvsセレッソ大阪(H)
9/18(土) or 9/19(日) or 9/20(月)
KICK OFF 時刻未定
埼玉スタジアム2002

第30節
FC東京vs浦和レッズ(A)
9/25(土) or 9/26(日) KICK OFF 時刻未定
味の素スタジアム

第31節
ヴィッセル神戸vs浦和レッズ(A)
10/2(土) or 10/3(日) KICK OFF 時刻未定
ノエビアスタジアム神戸

第32節
浦和レッズvsガンバ大阪(H)
10/16(土) or 10/17(日) KICK OFF 時刻未定
埼玉スタジアム2002

第33節
浦和レッズvs柏レイソル(H)
10/22(金) KICK OFF 時刻未定
埼玉スタジアム2002

第34節
鹿島アントラーズvs浦和レッズ(A)
日にち:未定 KICK OFF 時刻未定
会場:未定

第35節
川崎フロンターレvs浦和レッズ(A)
日にち:未定 KICK OFF 時刻未定
会場:未定

第36節
浦和レッズvs横浜F・マリノス(H)
11/20(土) KICK OFF 時刻未定
埼玉スタジアム2002


第37節
浦和レッズvs清水エスパルス(H)
11/27(土) KICK OFF 未定
埼玉スタジアム2002


第38節
名古屋グランパスvs浦和レッズ(A)
12/4(土) KICK OFF 未定
豊田スタジアム


大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

2021年Jリーグのレギュレーション~いつの間にか残留争い?~

 Jリーグの日程が発表されました。浦和レッズの開幕戦はホームでFC東京が相手。例年、レッズは開幕戦がアウェイで最終戦がホーム。今年は逆パターンですね。
 今シーズンは、いつものシーズンとは異なる点がありますので、例年と異なる点を中心に確認していきたいと思います。


●チーム数・試合数

20チーム。各チーム38試合(ホーム&アウェイ)
※基本的なところですが、ある意味重要かも?


●試合方式

<勝点>
勝利:3点、引き分け:1点、敗戦:0点

<年間順位の決定>
1.勝ち点 2.得失点差 3.総得点
以下、反則ポイントとかありますが、ここでは省略します(笑)

この辺りは例年と変わらず。


で、次が最も重要なところかと思います。


【【【J1クラブ・J2クラブの入れ替え】】】

●J1→J2降格
J1の下位4チーム。つまり16~20位。

●J2→J1昇格
J2の上位2チーム。J1昇格プレーオフはなし。

他、J1昇格クラブのライセンスとかあるんですが、ここでは省略します。


 ざっくり言うと、4チームが降格するわけです!下手したら、12位ぐらいだと残留争いに参加するはめになりそうです。
 試合数が多いので、巻き返すチャンスはあるとも言えますが、できれば開幕で負けが込むのは避けたいですね。開幕5試合を2勝3敗ぐらいでスタートすると、2桁順位をウロウロしてると、気づいたら残留争い…なんてことになりかねません!

 あとは、優勝ラインや残留ラインも例年より高くなりそうですね。
 昨シーズンの川崎は置いといて、勝ち点70を取れば、優勝の可能性はかなり高くなりますが、今シーズンに関しては4試合増えるので…勝ち点75~80辺りが優勝ラインになるでしょうか?
 残留ラインも、例年であれば勝ち点40でほぼ残留できますが、今シーズンに関しては44~45辺りが安全圏?

 日程に付いても触れたいのですが、長くなりそうなので、日程については次回!


大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

今年の新戦力は誰に期待する?~浦和レッズ・新加入選手~

浦和レッズ新加入選手


完全移籍
※()内は、ポジション・年齢・前所属

西 大伍 (DF・33・神戸)
田中達也 (MF・28・大分)
金子大毅(MF・22・湘南)
塩田仁史(GK・39・栃木)
小泉佳穂(MF・24・琉球)
明本考浩(MF・22・栃木)


新人
※()内は、ポジション・前所属

伊藤敦樹(MF・流通経済大学)
大久保智明(MF・中央大学)
藤原優大(DF・青森山田高校)
鈴木彩艶(GK・浦和レッズユース)
福島竜弥(DF・浦和レッズユース)


 とりあえず、移籍組と新人に分けてみました。移籍のよる新加入が6名。新人が5名ですね。ポジション別ではMFがいちばん多いようです。


●期待の即戦力

 即戦力としては、西大悟でしょう。右サイドのスペシャリストであると共に、ボランチへの意欲も隠さないコメント。サッカーIQも高いと思うし、キャンプが楽しみです。
 個人的には、鹿島時代のイメージが強く、非常にイヤな選手でしたね。この辺は興梠もそうだったし、敵としてイヤだった選手は頼もしい味方になる!と信じてます。


●レジェンドと同性同名

 浦和サポ的には、大分から加入した「田中達也」はイヤでも目につきますよね(笑)背番号も「11」だし。
 片野坂監督のもとでプレーしてた。という部分に期待したいですね。リカルド・ロドリゲスのサッカーにも順応するのは早いかもしれません。


●セットプレーのキッカー

 柏木がパフォーマンスを落として以降、セットプレーのキッカーが悩みの種でした。もちろん山中の左足は素晴らしいです。ただ右足のキッカーがいない。右足のスペシャリストというと、マルシオまで遡るのかな?
 琉球から加入した小泉は待望のキッカー。しかも左右両足で蹴れる?という話を聞きました。※映像は確認できてません。
 監督が変わって、戦術が浸透するまで時間がかかるかもしれない。そんな時、セットプレーで得点できれば、勝ち点も拾いやすくなります。今シーズンは残留争いも油断ならないですからね!


☆★☆補強のバランス☆★☆

 新加入選手をポジション別に見ると、MFが多いのは既に触れました。MFと言ってもアタッカータイプ、2列目が得意な選手が多いようです。
 長澤、青木、エヴェルトンが抜けたので、ボランチが手薄なのですが、どうもその辺は…
 新加入の選手については、まともにプレーを見たことがあるのは、西ぐらい。他の選手については、追々、映像を探してみたいと思います。



大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村