サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

アビスパ福岡 vs 浦和レッズ・結果~DAZNダイジェスト映像付き~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第12節
アビスパ福岡vs浦和レッズ
DAZNダイジェスト映像

アビスパ福岡-浦和レッズ
    1 前半 0
    1 後半 0
--------------
    2 合計 0

スタメンはこんな感じでした。

FW      興梠
MF  小泉  武藤  関根
MF   伊藤(敦) 柴戸
DF  明本 槙野 岩波 西
GK       西川


【先制された試合を挽回できるのか?】

 失点シーンに関しては、周りの声かけとかどうだったのかな?と疑問はありますが、まあ仕方ないのかな。と個人的には思ってます。
 むしろ目指してるサッカーのスタイルを考えると、取り返すことができなかった。それどころか決定機すら作れなかったことの方が問題かと。
 先制した後の福岡は、コンパクトなブロックを作って確実にスペースを消してきました。高いハードルだと思いますが、今のスタイルで勝つためには、あの守備網を崩すのは必須課題になってくると思います。


【アタッキング・サードが課題】

 既にいろんな所で指摘されてますが、アタッキング・サードに入ってからが課題になってますね。福岡戦に関して言うと、大外から苦し紛れのクロスを入れて、福岡のDFに跳ね返されるシーンが目立ちました。

 どうすれば良かったのかな?私なりに考えてみましたが、サイド・チェンジの使い方に、もうひと工夫あれば良かったのかな?と思います。1本のロングパスでサイド・チェンジをしてましたが、あれを2~3回繰り返しても良かったのかなと。
 1度のサイド・チェンジでは、福岡の守備も集中してましたし、ギャップを作るのは難しかったと思います。それでも2度3度繰り返せば、ギャップができる可能性は高まるし、福岡の選手を走らせることができます。

 あとはドリブルでの仕掛けですね。関根とか、途中から入った汰木が高い位置でボールを持つシーンが少なかったと思います。彼らが良い状態でボールを持てれば、打開する力は持ってると思います。
 今は、そこまで手がまわってないのかもしれませんので、この辺りは今後も見て行きたいと思います。 


参考:この試合の展望を書いた記事


【次の試合】

 最後に次の試合情報です♪

●YBCルヴァン杯/グループステージ第5節
柏レイソル vs 浦和レッズ
日時:5/5(水) 16:00 キックオフ
会場:三協フロンティア柏

●J1リーグ第13節
浦和レッズ vs ベガルタ仙台
日時:5/9(日) 16:00 キックオフ
会場:埼玉スタジアム2○○2


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

アビスパ福岡vs浦和レッズ~試合の展望~

 仕事に時間を取られてしまったので、ザックリと!まずは、DAZNのダイジェスト映像からご覧ください♪


●DAZNダイジェスト映像とスコア

2021年・J1リーグ第1節
サンフレッチェ広島vsアビスパ福岡

サンフレッチェ広島-アビスパ福岡
     1 前半 1
     0 後半 1
--------------
     1 合計 2


【福岡の成績】

 広島戦を終えて12試合を消化。4勝4分4敗で勝ち点16。順位は9位ですね。対してレッズは11試合を消化して、5勝2分4敗で勝ち点17。順位は8位。
 浦和より福岡の方が1試合多く消化してますが、順位の近いチーム同士の対戦となります。


【福岡のカウンターに要注意】

 福岡のサッカーは華やかとは言えません。ですが、ブロックを作る守備と、前からプレスに行く守備を、しっかりと使い分けてました。チームとして意思統一ができてるんでしょうね。
 また攻守の切り替えも早く、ボールを奪ったら縦に早く…というシンプルな攻撃。サロモンソン選手
 浦和はボールを持てると思いますが、横パスを引っかけられてカウンター。というパターンに注意したいですね。特にSB裏のスペースには要注意です。あとは、サロモンソン選手が良いボールを蹴りますね。


【福岡のグローリという選手】

 アビスパ福岡には「グローリ」というCBがいます。グローリ選手を覚えてるサポーターもいらっしゃると思います。2017年のスルガ銀行チャンピオンシップで対戦した、シャペコエンセでプレーしてた選手ですね。キャプテンを務めてたと思います。
 あの試合後に掲げられた横断幕。「世界の舞台で会おう。友よ!」世界の舞台ではありませんが、また会えることを嬉しく思います。 


アビスパ福岡vs浦和レッズ
試合の結果を書いた記事はこちら♪


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズ vs 大分トリニータ・結果~DAZNダイジェスト映像付き~

【DAZNダイジェスト映像とスコア】

2021年・J1リーグ第11節
浦和レッズvs大分トリニータ
DAZNダイジェスト映像


浦和レッズ-大分トリニータ
    1 前半 2
    2 後半 0
--------------
    3 合計 2

スタメンはこんな感じでした。

FW      杉本
MF   明本 武藤 関根
MF    小泉 柴戸
DF  山中 槙野 岩波 西
GK       西川

 ルヴァン杯で結果を出した杉本をスタメン起用してきました。結果としては…個人的には微妙に思いました。


【田中達也の決勝点!】
 
 ダイジェスト映像を見ての通りですね。明本から小泉と繋がり、ゴチャゴチャっとして、ボールがこぼれた所に田中が走り込んできてシュート!という流れでした。最終的には、綺麗な形じゃなかったかもしれませんが、個人的には魂を感じるゴールでした♪
 こぼれ球には興梠も反応してましたね。あそこに走り込んでるのはさすがです!ポストプレーなどを見ても、少しずつ戻って来てるのかな?と思います。本当に少しずつですけどね。もちろん好調時から比べたら、コンディションも試合勘もまだまだでしょう。もう少し待ちましょう♪


【3バック対策は上手くいったのか?】

 前節の大分の試合を見た感じでは、もう少し主導権を握れると思ったんですが、甘くなかったですね。
 西の先制ゴールもあり、立ち上がりは試合を優位に進めた浦和でしたが、時間の経過と共に大分にペースを握られ、前半のうちに逆転されてしまいました。


1. 5-4-1 のブロックに苦戦

 きっかけは、大分の5バックに手を焼いていたことから、ペースが狂っていったのかな?と思いました。
 4バックの相手には、CBとSBの間のスペースに侵入することができるようになり、流れの中からチャンスも作れるようになってきました。セレッソ戦なんかは、その辺が顕著に出た試合だと思います。
 そして試合の立ち上がり、大分のプレスは上手くいってなかったと思います。この分割りきって、5-4-1 のブロックを作ってましたが、浦和は先制点以降、有効な攻撃を繰り出すことがてきませんでした。
 画面越しで見ても、4バックに比べて守備の網の目が細かいな~と思ってました。選手の目の高さで見ると、スペースを見つけるのに相当苦労したかもしれません。


2. 大分のプレス

 浦和が攻めあぐねてる間に、大分のプレスが徐々にはまるようになってきました。大分は、撤退する際には 5-4-1 の並びでしたが、前からのプレスに行く時は、その都度形を変えてました。
 5-3-2 や 5-2-3 と、基本的には、最終ラインの枚数は変えてなかったと思います。その代わり、前線の形を変えてたように見えました。これは、浦和がビルドアップの際に可変するのに合わせたのだと思います。
 大分が立ててきた浦和対策に対して、更に上を行くことができず、ズルズル下がってしまい、失点をしてしまった…という所でしょうか。


【今後に向けて】

 大分戦は、決して誉められるような内容ではなかったと思います。特に、前半の飲水タイムの前辺りから後半の立ち上がり辺りまでは、負け試合の内容だったと思います。
 ただしポジティブに考えれば、次の課題が浮かび上がったとも言えます。勝ち点3を得つつ、次の課題か明確になったのですから、私はラッキーと思ってます。


【次の試合】

 最後に次の試合情報です♪

●YBCルヴァン杯/グループステージ第3節
浦和レッズ vs 湘南ベルマーレ
日時:4/28(水) 18:00 キックオフ
会場:埼玉スタジアム2○○2

●J1リーグ第12節
アビスパ福岡 vs 浦和レッズ
日時:5/51(土) 14:00 キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム


浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村