サッカー定食の大盛り~浦和レッズ時々プレミアリーグ所によりラ・リーガ~

浦和レッズとプレミアリーグ、ラリーガの試合を中心にレビューしていきたいと思います

大分トリニータ VS 浦和レッズ ~DAZNダイジェスト映像付き~

J1リーグ
大分トリニータ VS 浦和レッズ
スタジアム:昭和電工ドーム大分

DAZNダイジェスト映像


 結果はスコアレスドローでした。なんというか…まあ仕方ないですかね。


●距離感が悪かった?

 せっかくボールを奪っても、すぐに大分の選手に囲まれてボールロストを繰り返してました。ボールホルダーに対して、浦和の選手のサポートよりも、大分の選手の寄せが早かった。という印象を受けました。
 セカンドボールの回収率も悪かったですね。やはり距離感が悪かったことが原因でしょうか?


●パスが合わない

 前節まではパスも繋がり、テンポ良くボールを回せていましたが、この試合はパスがずれることが多かったです。ボールを奪って、最初のパスが大分の選手に引っ掛かり、また守備に回るというシーンが散見されました。
 「縦に早く」という意思を感じました。が、いきなり縦より、ある程度横パスを回して揺さぶりを入れてから縦に入れる方が効果的と思います。
 「縦に早く」より「縦に入れた後、スピードアップ」という攻撃の方が、緩急もついて
効果的かな。


 他にも思ったことはあったのですが、すぐに次の試合があるので、今日はこの辺で!



大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

浦和レッズ VS セレッソ大阪 ~DAZNダイジェスト映像付き~

J1リーグ
浦和レッズ VS セレッソ大阪
スタジアム:埼玉スタジアム2○○2

DAZNダイジェスト映像


 スタメンやスコアはDAZNの映像を観ての通りですね。3対1で浦和の勝利という結果でした。


⚫スタメンが固まってきた

 気温が下がってきたこともあり、スタメンが固まってきたのは、良いことだとおもいます。サッカーはチームスポーツなので、ある程度同じメンバーでやる方が、コンビネーションも高めやすいでしょう。
 個人的には、2トップが興梠と武藤で固まってきたのが大きいと思ってます。興梠や武藤にボールが収まると、マルティノスと汰木も活きて、まさに躍動してます。
 特に汰木は、2トップとの連携も高まってきてますし、山中との相性も良さそう。覚醒しつつあるのでは?と期待してます。


●清武を抑えたことが大きい

 レッズの1点目が象徴的なシーンですが、清武へのパスを、長澤がインターセプトしたところが起点になりました。大きな得点だったのは言うまでもありません。
 ただ、得点以上に大きかったのは、試合を通して清武に仕事をさせなかったことだと思います。清武を試合から消した…とは言えませんが、清武の存在感を薄くすることは、できていたと思います。主に長澤が対応してましたが、そういう意味では長澤が、この試合の影のMVPと言えるかもしれません。


●スカウティング

 この試合、サイドからの仕掛けもありましたが、ミドルシュートも意識したかな?と感じました。
 中央の守備が堅いセレッソに対して、サイドからドリブルで仕掛けつつ、遠めからミドルシュートも狙う。理にかなってると思います。
 スカウティングも機能して、選手もスカウティングを活かしたプレーをしてる。ここへ来て、チームのまとまりが一段アップしたのでは?と期待を持てた試合でした。
 


大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

浦和レッズ VS ベガルタ仙台 ~DAZNダイジェスト映像付き~

J1リーグ第23節
浦和レッズ VS ベガルタ仙台
スタジアム:埼玉スタジアム2○○2

DAZNダイジェスト映像


 スタメンやスコアはDAZNの映像を観ての通りですね。6対0で浦和の勝利という結果でした。


⚫素晴らしかった先制点

 まずは先制点に触れたいと思います。橋岡がボールを奪い返してから、何人の選手が絡んだでしょうか?
 武藤、汰木、興梠、長澤…橋岡を含めると5人絡んだ子とになります。実にフィールドプレーヤーの半分が絡みました。ミシャ時代を彷彿させるような崩しでした。試合後の興梠のコメントでも、1点目は嬉しい得点だったことが伝わってきます。
 更に言えば、長澤が決めたことが大きかったと思います。武藤がサイドに流れたり、組み立てに参加したり、いろんな場面に顔をだしてました。あの動きは武藤の真骨頂といえます。
 ただその反面、武藤がゴールから遠ざかるので、ゴール前の人数が足りなくなる可能性があります。足りなくなった人数を補う為に、ボランチがゴール前に入る必要があると思うのですが、あの場面では長澤が入り、ゴールを決めました。
 他にも、エヴェルトンもいいシュートを打ってました。今後も仙台戦のようなやり方で攻撃を構築するなら、ボランチがゴール前に入る動きは必須だと思いますので、是非とも続けて欲しいと思います。


⚫相手のミスを得点に結びつけた

 次に触れたいのは3点目です。汰木が仙台の横パスをインターセプトして、興梠にパスを通し、PKを獲得しました。仙台のミスと言えばミスなのですが、勝ててなかった時は、相手のミスを、得点に結びつけることができていませんでした。
 この得点は、浦和がやりたいことであると共に、つなぐサッカーを志向している仙台は、最も避けたいミスの1つだと思いますので、仙台が受けたダメージは計りしれません。事実上、この3点目で試合は決まったと思います。


 後半も3点を追加した浦和でしたが、内容以上に結果が出た部分もあったと思います。ただ、内容が良くても結果が伴わない試合もあるのがサッカーなので、これはこれで良いのかなと(笑)
 今後は、3バックの相手にはどうか?とか、繋ぎの上手さではJリーグ随一の川崎にはどこまでできるのか?とか、課題はあると思いますが、そういう課題を1つずつ克服することをきたしてます。




大人気のサッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

浦和レッズのブログ集
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村